Pleasure of a life

最後の?八海山・長森蕎麦ツーリング

最後の?八海山・長森蕎麦ツーリング


2015年4月19日



■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:今年初めてですが、長森まで蕎麦を食べに走ってきました。おそらく自転車で長森へ行くのはおそらく今回が最後となるはずです。

■走行データ:長岡アパート → 小出 → 八海山麓(蕎麦屋長森)→ 泉ビレジ → 小出 → 長岡アパート
   ※走行記録
        Dst:116.0km Tm:6:09' Av:18.9km Mx:49.5km


  
   ※ランチ:そば屋「長森」で『二八蕎麦大盛り』(¥900)、『上天ぷら』(¥1,000)
                『ノンアルコールビール』(¥450)、『お通し』(¥100)
   ※デザート:「さとや」で『八海バウム』(¥250)、『紅茶』(¥360)

   ※セブンカフェ:2杯


長岡に居るうちに、八海山麓の長森まで蕎麦を食べに行こうと思っていましたが、なかなか時間が取れずにいました。
昨夜もこちらの友人が催してくださった送別会がありましたが、余り遅くならなかったため、ようやく今日長森まで走ることができました。
おそらく自転車では最後の訪問となるはずです。

以前にも書きましたが、長森はへぎそば主体の中越地区でようやく見つけ出した旨い江戸前蕎麦を食べさせる店です。
八海醸造が経営しています。
記録を調べたところ、2010年11月の初訪問以来、自転車での訪問は今日で丁度20回目でした。
昨年、地元の自転車仲間と、また以前NAZE(参加していた長岡の産業活性目的のNPO法人)でこの地域での企業見学会(結局八海醸造自体登と精密射出成形メーカのHakkaiの2社)の下見の際に事務局メンバーと車で来ましたので累計で22回蕎麦を食べに来たことになります。
ここは付け汁、蕎麦ともに本格的な江戸前蕎麦を食べることができ、更に盛りが良いのが特徴です。
柏に戻ると自転車でここへ来れなくなる事だけは実に残念です。


天気予報を見ると昼頃まで晴れ、その後曇りとなり夕方からは雨が降り出しそうです。
しかし、今日の目的は道すがらの魚野川沿いの景色を楽しむことと、蕎麦食べることだけなので遅くても15:00過ぎにはアパートへ戻るので何とか雨に遭うことも無いでしょう。
今日の相棒は、長岡にただ1台置いてあるミニベロ号です。



■ 長生橋
P1190908.jpg
6:50と少し遅いスタートでしたが、いつもの通り長生橋西詰めから土手の上の遊歩道へ入ります。
出発時点では長岡は快晴です。
但し、往路はかなりの向かい風で15km/hの走行が続きました。


■ 越路河川公園
P1190909.jpg
公園の桜は丁度今が満開です。
余り大きな桜の木はありませんが、春爛漫といった雰囲気です。

P1190910.jpg
この東屋も随分利用させてもらいました。


■ ビューポイント-1
P1190911.jpg
越路橋から上流へ走ったところですが、まだ枯草状態なので新緑の頃の景色の良さはありません。


■ R17小千谷大橋
P1190920.jpg
この橋を渡り対岸の道路へ出て小千谷駅方向へ向かいます。


■ ビューポイント-2
P1190924.jpg
和南津トンネルを抜けて堀之内の手前の魚野川沿いで、いつもの通り記念写真を撮ります。
ここの風景もお気に入りです。
これも見ることが出来なくなるのが残念ですね。


■ 小出にて
P1190930.jpg
小出橋を渡ったところで魚野川ごしに上流方向を1枚。
何だか予報と違って曇り空となりました。
気温も5℃程度と寒いです。


■ 魚野川沿い土手道
P1190934.jpg
魚沼方面へ向かう際に、もっとも気持ちよく走ることができる小出と浦佐の間の魚野川土手道です。
この行程で最もお気に入りの道です。
しかし、河原も反対側の田んぼも雪景色です。
このあたりも豪雪地帯であることが改めて解りました。

P1190937.jpg
何とか通過は出来ましたが、5か所ほどで道路にも積雪がありました。

P1190938.jpg
土手下の田んぼの雪景色です。


■ 八海橋
P1190946.jpg
八海橋たもとからの上流方向の景色です。
山にもまだ雪がたっぷり残っています。


■ 長森到着
P1190952.jpg
10:50に長森到着です。
川沿いの道の向かい風が強かったため、速度が上がらず予定より30分近く時間がかかりました。
天候は完全に曇りとなってしまいました。

P1190968.jpg
自転車をここに停めます。
長森の右側に一昨年オープンしたうどん屋「武火文火」はとうとう食べずじまいでした。

P1190972.jpg
長森の周辺にも雪がだいぶ残っています。


■ 長森
P1190964.jpg
今日は開店時刻11:00の10分ほど前に開店しましたが、11:00には9割がたの席が埋まってしまいました。

P1190957.jpg
まずはノンアルコールビールを頼みました。
寒かったのであまり飲みたい訳ではありませんでしたが、天ぷらを先に頼むのでその付け合わせです。
今日のお通しはカンパチのたたきです。
海の魚は珍しいんですが、これがなかなか美味でした。
¥100はコスパ最高です。

P1190959.jpg
上天ぷらです。
この時期、山菜がいくつか加わります。
今日はふきのとうと山ウドでした。
タラの芽がなかったのが少々残念でしたが、5月初旬まで待たねばならない様です。
今日の時点で、店の周囲の山林はまだ完全な雪景色なので致し方ありませんね。
でも苦みのあるふきのとうと、香りの良いウドは最高でした。
5年間値上げしていないせいか、大きかった海老は少し小さくなっていました。

P1190960.jpg
しばらく来れなくなると思い、二八蕎麦大盛りを頼みました。
いつも通り旨くボリュームも満点でした。
この蕎麦を食べるのが目的だったので大満足でした。
今度はいつ食べに来ることができるでしょうか。

P1190966.jpg
蕎麦湯も旨くて江戸前蕎麦を堪能できました。

P1190967.jpg
店を出る11:30には10人くらいの人が待ち状態でした。


■ さとや
P1190980.jpg
蕎麦の後には隣接する「さとや」でデザートです。

P1190977.jpg
外のテラス席で紅茶を飲みバウムクーヘン(八海バウム)を食べました。

この店の可愛い女店員さんにも柏へ戻ることを報告しました。
本当は2ショットで写真を撮ろうと思いましたが、お客さんが多くかないませんでした。
でもこの店で知り合っただけの可愛らしい女性にも悲しんでいただけて、これはこれで幸せなことだと思いました。


■ 第二浩和蔵
P1190982.jpg
NAZEの企業見学会の際に、内部を見学させて頂いた最新の醸造工場です。

P1190983.jpg
蔵の反対側はまだ完全な雪景色です。


■ 泉ビレジ
P1190987.jpg
長森と共に5回ほど洋食を食べに来たレストラン・タベルナゴッソが入っている施設です。
ここの2Fのイベント会場ではNAZEの企業見学会の後の懇親会も催した事もあり、想い出深い場所です。


■ 八海山
P1190990.jpg
復路、旧道のJR五日町駅先からの八海山です。


■ 小出までの魚野川沿い土手道
P1190996.jpg
往路と同じ道を小出市街方向へ走ります。
ポツポツと雨が降り始めてきました。
まだ13:00なので予報は外れたようです。


■ 和南津橋から
P1200001.jpg
R17和南津橋から魚野川下流を望みます。
ここも景色が綺麗なところです。


■ 越の大橋西詰休憩所
P1200003.jpg
ここのトイレとベンチも随分利用させてもらいました。
相変わらずポツポツと雨が降っていますが、ここで最後の休憩を取りました。


■ 長生橋に戻ってきました
P1200010.jpg
朝は好天でしたが、今は雨が徐々に本格的に降り始めました。
何とか本降りになる前に戻ることが出来ました。


■ 帰着
P1200012.jpg
アパートに到着しました。
雨が少し強まってきましたが、何とかセーフでした。
ところが、帰宅し5分もたたないうちに土砂降りになりました。
あぶないところでした。



柏へ戻る前に是非行きたいと思っていた長森行がかないました。
天気はいまひとつでしたが、他の予定の関係で今日しかない状況であったため必須タスクの1つが完了して実に良かったです。
又、左膝の不調などもあったため100kmオーバーの走行は、昨年10月の津南行き以降なんと半年ぶりでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/19(日) 21:38:14|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

天気が良かったので与板までポタ

天気が良かったので与板までポタ



2015年3月15日(日)


■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:今週の雪で、土手遊歩道は冠雪、でも天気が良いので与板までポタリングし、ラーメンを食べて帰還。

■走行データ:アパート → 長生橋西詰め → 蔵王橋 → 与板セブン → 新黒川水門 → 蔵王橋 → 三宝亭(ランチ) → 原信(買出し)→ 大山セブン → アパート


      
※走行記録
   Dst:33.12km Tm:1:47' Av:18.6km Mx:30.1km


      
     ※ランチ: 『三宝亭』で「五目うま煮麺」大盛り(¥820)

     ※セブンカフェ:1杯





長岡は今週木,金曜日の降雪でまたまた雪景色となりました。
昨夜は、こちらの友人2人と久々の『イタクラ・ミーティング』(三人での飲み会の名称)でした。
少々深刻な相談もあり、料理や宴会の模様は取り忘れましたが、長岡では最も長いお付き合いになるお2人と楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

この週末は自転車は無理かと思っていましたが、一般道の積雪はわずかでなんとか走れそうです。
午後から野暮用があるため、昼過ぎまで与板方面まで走り、ランチと買い物を済ませてきました。
信濃川の土手遊歩道は再び冠雪したところも多く、土手道と一般道を行ったり来たりしました。
しかし、素晴らしい好天で気温も昨日までの真冬のような気温(最高3度)ではなく、10度位まで上がりポカポカと暖かい中走行を楽しむことができました。




<イタクラ・ミーティング編>

■ Yさん登場
P1190487.jpg
設計事務所を経営する社長さんでもある友人のYさんは、昨年買い替えたBMWで登場です。
彼はBMWフリークで、この車で確か4台目のBMWです。
代行で帰られるとのことですが、彼のお宅は店か徒歩でも帰れるくらいのわずかの距離です。

■ 板くら
P1190484.jpg
『板くら』と言う店ですが、こうして外観を見ると割烹料理屋といった趣があります。

P1190486.jpg
玄関も和風です。

P1190488.jpg
ところが、一歩店の中に入るとハワイかグアムのバルの様なトロピカルムード満載の店です。
この違和感が面白いのですが、つまみも旨い上にとても安くて使い勝手の良い店です。

この後、3人目の市役所勤務のK君を交えてミーティングを開始しました。
ちょっと込み入った話があり、料理などの撮影はできませんでした。
最後の「焼きおにぎり」が効いて朝までお腹が一杯でした。



<与板ポタ編>

■ アパート横
P1190489.jpg
玄関を出たアパートの脇道もこの通り、半分雪で埋まりました。


■ 長生橋からの遊歩道
P1190491.jpg
習2週間前開通うしていた土手上の遊歩道は、またまた冠雪してしまいました。
車も走行する蔵王橋から下流でないと走れそうにありません。


■ 蔵王橋
P1190495.jpg
予想通り、蔵王橋からは土手道を走ることができました。


■ 悩ましい
P1190498.jpg
しばらく、信濃川土手上の道路を走りましたが、車の走行が少なくなるところでまたまた冠雪して轍だけ路面が露出しています。
しかし、この先に雪の解けない日本海北陸道のアンダーパスがあるため、今日はここから一般道に降りて与板方面へ向かうことにしました。

P1190499.jpg
河原は完全に雪景色です。


■ ここもダメか
P1190501.jpg
しばらく、一般道を走り、高速道路も過ぎたので、再び土手上道を走ろうかと思いこの取り付け道路をあがりましたが。

P1190503.jpg
やはりかなりの冠雪ですね。
無理をせず一般道へおります。


■ セブンカフェ
P1190504.jpg
一般道を使い、与板のセブンに到着しました。
ここでコーヒーを一杯飲みました。


■ 新黒川水門
P1190505.jpg
復路は再び土手道を走ろうと、水門のところから走行しました。
水門付近からは全く問題なく走りだすことが出来ました。

P1190508.jpg
ここからは、再び雪景色となった弥彦山が綺麗に見えました。


■ またまた一般道へ
P1190509.jpg
復路も日本海北陸道の手前から路面の雪が増えてきました。
ここも無理をせず一般道へ降りることにしました。


■ 雪原
P1190510.jpg
県道横の水田はまだ完全に雪原です。


■ 今度は工事で走行ならず
P1190512.jpg
蔵王橋の手前から、土手道へ上がりましたが、蔵王橋をすぎたところで今度は工事のため走行不能となりました。
ここからは、帰宅まですっと一般道を走りました。


■ 三宝亭
P1190514.jpg
長岡地区にはの三宝と言うファミレスチェーン店があります。
そこの中華麺をメインに食べさせる『三宝亭』と言う店でランチを取ります。
このところ評価の高いラーメン店で数回ラーメンを食べましたが、どこも今一つ自分にはしっくりきません。
地元の劉の様な旨い店はありません。
また考えてみると、自分が好きなのはやはり中華の麺類なんですね。
そこで今日は、このファミレス中華麺店でランチとしました。

P1190515.jpg
店内も綺麗で、店員もきびきびしており気持ちの良い店です。
ファミレスなので子供連れのお客さんも多いですね。
開店直後の11:10に入店したので問題なくカウンター席に座れました。

P1190517.jpg
「五目うま煮麺」大盛りです。
本格中華の味わい深さはありませんが、野菜たっぷりの餡かけがかかっており麺も含めて充分合格の味です。
既にこれを3回ほど食べています。
しかし、大盛りは初めてでしたが、本当に大盛りでお腹一杯になりました。
何処が大盛りなのと言う感じのラーメン店が多い中、この店の大盛りのボリュームは出色です。
結局、味もまずまずボリュームも充分で変なラーメン屋へ行くより、この店の方が良いと思いました。

この店もファミリー向け人気店で、店を出る12時前には5組ほどの待ち状態になっており驚きました。



天気が良いのでもう少し走りたいところでしたが、午後には用事があるため、この後スーパーに立ち寄り夕食用の生サンマなどを購入し帰還しました。
今夜の夕飯は、昨日作った『とり野菜みそ』で設えた野菜たっぷり絶品モツ煮込み、焼きサンマ、卵焼きです。
久々にアパートでの夕食としては豪華絢爛(笑)です。
あっ、ご飯を炊かなくては。
  1. 2015/03/15(日) 16:32:22|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

長岡ラーメンポタ

長岡ラーメンポタ



2015年2月21日(土)


■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:まだまだ積雪があるので、今日は長岡市街ラーメンポタ。
    新潟県ランク8位、長岡ランク3位の『真登』(マサト)でランチ。

■走行データ:アパート → 真登 → 大手大橋 → 祥気 → 蔵王橋セブン → 近代美術館 → 良食生活館 → 真登(ランチ) → 蔵王橋 → 信濃川土手道を日本海北陸道下 → 蔵王橋セブン → アパート

※走行記録
   Dst:34.55km Tm:1:54' Av:18.2km Mx:30.6km

      
※ランチ: 『麺の風 真登』で「鶏だし醤油チャーシューメン」(¥980)
               「鶏とろ丼」(¥250)限定2食
※セブンカフェ:2杯



今日は長岡での久々の雲一つない晴天の休日となりました。
気温も10℃くらいまで上がった様で、日差しのもとではポカポカでした。
年が明けてからは雪が降っても量的にはわずかで12月に大量に積もった雪もだいぶ減り、幹線道路は自転車の走行に問題ない程度となりました。
とはいえ裏道や土手道はまだ積雪が多く、特に魚沼方面はまだまだ自転車では走り難い状況です。

そこで、今日は(明日も来週もかもしれませんが)市内をポタリングし、旨いラーメンを食べることにしました。
長岡は新潟県内でも激戦区と言われるだけあって、ラーメン店は非常に多いです。
食べログ新潟ラーメンTOP100では、直江津の『麵屋あごすけ』と常にトップ争いをしている『いち井』を初めとして何軒かの旨い店もあります。
『いち井』は土日ともなれば、開店1時間前から並ばなければならない超人気店です。
関東圏から食べに来られる人も多い店です。
私も友人と2人で、過去3回食べに行きました。
塩ラーメンは旨い事は旨いんですが、値段が高い(トッピングしたらラーメン1杯が軽く¥1,000を大きく超えます)のと、1時間以上並ぶほどの旨さはないので最近は行っていません。
今日は県内8位、長岡市内では3位の『真登』マサト(同3.64)でのラーメンとなりました。


■ 今日もミニベロ号
P1190131.jpg
エクセラ号はローラー台にセットしてあるため、また途中で買い物もする予定なので今日もミニベロ号で出撃です。


■ 真登(マサト)
P1190138.jpg
まだ10時ですが、初訪問の今日のランチスポットの場所を下調べです。
1年ほど前に、近くから新築新店舗へ引っ越したため建物も非常に綺麗です。
この店も混む時には30分以上待つことになる様です。
開店15分前に再び訪れることにします。


■ 大手大橋
P1190146.jpg
時間があるので少し市内を散策しました。
信濃川土手上の遊歩道の様子を確認しました。
遊歩道は冠雪したままです。
まだ当分走れそうにありませんね。


■ 祥気(ショウキ)
P1190148.jpg
ここが長岡で食べログポイント2位(3.69)のラーメン店です。
来週にでも食べに来ようと思います。


■ リリックホール
P1190154.jpg
長岡のイベント会場です。
反対側には新潟県立近代美術館がある長岡で最も綺麗に整備された地域です。
除雪をしていない様で雪は多いですね。


■ 近代美術館
P1190155.jpg
絵画展ではないイベントが催されていました。
また、良い絵画展がある時に来ることにしましょう。


■ 歩道橋
P1190158.jpg
工事をしていた全天候型の歩道橋もいつの間にか完成していました。


■ 公園
P1190160.jpg
近代美術館の隣側にある公園です。
セブンカフェが始まる前には、リバーサイド千秋のスタバでコーヒーを買ってここで飲んだものです。
最近はすっかりご無沙汰でした。


■ 日赤病院
P1190161.jpg
川沿いの日赤病院です。
ここから土手上の遊歩道へ登る取り付け道路がありますが、ここも冠雪しており通れません。


■ 再び真登
P1190164.jpg
近くのスーパー良食生活館で買い出しをしてから、今日のランチスポット『真登』へ再び到着しました。


■ 入口
P1190167.jpg
開店時刻の11:00まで15分ほど時間がありますが、なんと1番乗りでした。
事前に食券を購入するシステムです。

P1190170.jpg
券売機のところに1日わずか限定2食で旨いと評判の「鶏とろ丼」もあるとのことで、ラーメンのサイドメニューにこれも食べることにしました。


■ 鶏だし醤油チャーシューメン
P1190175.jpg
これが鶏だしチャーシューメン(¥980)です。
ロースとバラ肉の2種のチャーシューがトッピングされており、しらがネギと共にとても綺麗なラーメンでした。
鶏だしの細麺でかなり旨いんですが、ちょっと味が濃過ぎることと少々ぬるかったのが残念です。
やけどするほど熱い麺(劉の様に)が好きな私には、これはいただけませんでした。
汁の量が少ないことが関係していますね。


■ 鶏とろ丼
P1190176.jpg
こちらは1日限定2食の「鶏とろ丼」(¥250)です。
これは鶏肉のどこの部位だかわかりませんが、本当にとろとろでトッピングしてあるキムチとの相性も良くかなり旨かったです。
ラーメンよりこちらの方が何処へ出しても良い旨さでした。
価格も安くて、1番乗りの際にはオーダー必須です。

P1190177.jpg
ラーメン丼との比較ですが、充分なボリュームで両方完食したらお腹一杯となりました。
これで夕食はまたまた軽めとなりました。

開店時刻には私以外に8人の人が並んでいましたが、11:20に店を出る際にはほぼ満席となりました。
噂通りの人気店でした。


■ 蔵王橋
P1190178.jpg
下道を蔵王橋セブンまで来ると、土手上の道路は一般車両も走ることが出来るため雪は殆どなく走行可能でした。


■ 弥彦山
P1190199.jpg
北陸道の後ろに弥彦山もくっきりと見ることが出来ました。
ここからは山頂の雪も少なくなった様に見えます。


■ 冠雪
P1190183.jpg
車の交通量が少ない日本海北陸道まで来ると橋の下部分は積雪が多くて走れません。
試しに徒歩でトンネルまで歩きましたが、その先は日影のせいもあるのか50cm程度の積雪がありました。
残念ながらここから引き返します。


■ 土手上から
P1190192.jpg
蔵王橋へ戻る途中、福島県側の冠雪した山並みが綺麗に見えました。


■ 白鳥
P1190198.jpg
蔵王橋へ戻る途中の流れのゆるい川面に4羽の白鳥がいました。
それだけ雪も減ったと言うことなんでしょう。

P1190195.jpg
アップ写真です。


■ 1部は道路冠雪
P1190202.jpg
蔵王橋へ戻る途中の最も雪の多いところでもこの程度でした。
あと半月もたてば与板までは土手道が開通することでしょう。




明日も昼過ぎまで天気は良さそうです。
但し10時から長岡技大の理容室で散髪があります。
そのため開店時刻には間に合いませんが、また違う店でランチにラーメンを食べるつもりです。
明日はどの店に行こうか思案中です。
  1. 2015/02/21(土) 23:38:56|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

弥彦公園紅葉狩りポタ

弥彦公園紅葉狩りポタ

2014年 11月8日(土)


■ 使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■ 概要:紅葉見頃との情報が入り、弥彦公園の紅葉狩りに行ってきた

■走行データ:
アパート → 信濃川土手道を与板 → 寺泊セブン → 渡部橋 → 道の駅「国上』→ キ弥彦駅 → 弥彦公園 →「やまぼうし」(ランチ)→ 渡部橋 → 与板セブン → 新黒川水門 → フェニックス大橋西詰 → 原信 → フェニックス大橋西詰 → 土手道 → アパート

   ※走行記録
        Dst:87.22km Tm:4:11' Av:20.8km/h Mx:39.5km/h


   ※ランチ:「やまぼうし」で『蟹わっぱ飯』(¥1,200)とモツ煮込み(¥500)
   ※セブンカフェ:ホット2杯


ネットで調べたところ、弥彦公園の紅葉が見頃を迎え、来週は盛りを過ぎるとのことです。
昨年は11月16日に訪問し、今まで見たこともない様な綺麗な紅葉に感激しました。
昨年はコンデジでの撮影でしたが、今年は一眼レフでちょっと本気で紅葉撮影しようと思っていました。
日曜には雨予報も出ているので、昨日弥彦へ行ってきました。
午後からは長岡技大の理容室へ散髪に行き、夜は知人との会食も控えているので、弥彦山へも登らず公園のみの訪問となりました。



■ミニベロ号
P1170629.jpg
交換レンズ4本とデジイチ入りカメラバッグを詰め込んだのでサドルバッグはパンパンです。


■土手道を与板方向へ
P1170634.jpg
いつもの通り長生橋から土手道に入り、与板までは信濃川左岸を走ります。
少々雲はありますが、弥彦山もくっきり見えています。
あの山の麓まで行きます。


■谷津道
P1170636.jpg
与板からは谷津道を抜けて寺泊へ向かいます。
立冬になり、すっかり秋景色へ変わっています。


■大河津分水路沿い
P1170639.jpg
大河津分水路沿いを日本海方向へ向かいます。
弥彦山がだんだん大きく見えてきます。


■ 道の駅「国上」
P1170640.jpg
渡部橋を渡り、道の駅へ到着しました。
未だ10:00前で店も開いていません。
休憩せずに弥彦村へ向かいます。


■ 弥彦山
P1170641.jpg
弥彦村へ向かうK2からの弥彦山です。
紅葉が進んでいることが見て取れます。


■ JR弥彦駅
P1170645.jpg
弥彦駅に着くと丁度電車が到着しました。
今日は弥彦公園目当ての乗降客が多いですね。


■ 自転車置き場
P1170647.jpg
駅の横にある駐輪場に自転車を置きました。
今日は街中のポタはしないので、ここから弥彦公園(すぐ横ですが)へ向かいます。


■ デジイチ
P1170648.jpg
この夏入手したデジイチのニコンDfです。
花火以来の出番なので、操作方法がまだ頭に入っておらず少々心配でもあります。
今日は28-85mm、20mm、45mm、135mmの4本のマニュアルフォーカスレンズを持参しました。


■ 弥彦公園
P1170680.jpg
駅側の入口から公園に入ります。

P1170677.jpg
公園に入ると、既に雪吊り(雪から木を守る装備)を終えた植木がありました。
もうすぐ雪が降って来るんですね。

P1170669.jpg

P1170676.jpg
入口近くの池の周辺でも紅葉が進んでいます。


■ トンネル
P1170663.jpg
今日は大回りして遊歩道を逆側からもみじ谷へ向かいます。

P1170665.jpg
トンネル出口から紅葉が見えます。

P1170654.jpg
遊歩道の紅葉です。

P1170651.jpg

P1170657.jpg

P1170667.jpg
観月橋のところの紅葉です。
綺麗に紅葉していますが、昨年の見事さにはちょっと及ばない様です。


■ 駅周辺駐車場
P1170682.jpg

P1170683.jpg
11:00近くなったので今日のランチスポットへ向かいますが、駅周辺の駐車場は満車で入場待ちの車の列が続いています。
ハイシーズン弥彦へ来るには自転車に限ります。


■ やまぼうしでランチ
P1170684.jpg
今日も「やまぼうし」でランチを取ります。
さすがに今日は観光客が多いのか、私と同時に3組のお客さんが入店しました。

P1170687.jpg
『蟹わっぱ飯』(¥1,200)をオーダーしました。
蟹もたっぷり薄い塩味でいつもながら旨かったです。

P1170688.jpg
今日は『モツ煮込み』(¥500)も食べました。
夜は地元の居酒屋となる店だけあって、これも合格の味でした。


■ 弥彦駅
P1170689.jpg
終点駅である弥彦駅に電車が停止しています。
12:00ですが午後に用事があるので、これで弥彦をあとにしました。



この後、長岡の原信で夕食材を買出ししてアパートへ戻りました。
昨年ほどの見事さはありませんでしたが、今年も弥彦公園の綺麗な紅葉を愛でることができました。
やはりその年々で、紅葉の具合が違うことを改めて実感しました。
又、来年に期待することにしましょう。
尚、一眼レフで撮影した画像は別途アップしますのでご覧ください。
  1. 2014/11/09(日) 12:44:15|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長岡・栃尾ポタ

長岡・栃尾ポタ


2014年 11月2日(日)


■ 使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■ 概要:雨が降り出す前に峠を越えて栃尾まで、昔ながらの中華ソバを食べに行ってきた

■走行データ:
アパート → 大手大橋 → 美沢セブン → 悠久山公園(蒼柴神社/郷土資料館)→ 森立峠(K9) → 栃尾・鈴多(ランチ)→ 枡忠豆腐店(あぶらげ)→ K9 → K138 → K12 6→ K498 → 北長岡 → 蔵王橋 → 原信 → アパート

   ※走行記録
        Dst:61.52km Tm:3:23' Av:18.1km/h Mx:53.8km/h


   ※ランチ:「鈴多食堂」で『チャーシューメン』(¥750)と焼売2個(¥240)
   ※土産:「桝忠豆腐店」で『栃尾のあぶらげ』1枚(¥180)
   ※セブンカフェ:ホット2杯


昨日土曜日は出勤日、日月曜は連休なんですが天気が悪いですね。
昨日も降ったり止んだりでしたが、ヤフーの予報によると今日は6:00〜12:00までは曇り、15:00以降は再び雨です。
それでは雨の止み間に近場を走ろうと思い、6:00出発で山古志廻りで栃尾(ここでランチ)へ行き13:00頃には帰還しようと計画しました。
今朝4:00頃まで降っていた雨も止みましたが、6:00時点では空には真っ黒な雨雲が広がっており、いつ降り出してもおかしくない状況でした。
しかし今日は走ることは無理かなと諦めかけていたところ、7:00過ぎには晴れ間も見え始めました。
11:00開店の栃尾のランチスポット「鈴多食堂」へ行くには山古志経由では時間が足りません。
そこで少々ショートカットし、K9森立峠(八方台へ登る際に分岐のある長岡と栃尾の間の峠)越えで栃尾まで走ってきました。
但し、昼過ぎからは雨が降り始める様なので、栃尾の街を楽しむことはできませんでした。
次回のお楽しみに取っておくことにしましょう。




■ ミニベロ号
P1170493.jpg
万一の雨中走行に備えて、今日の相棒はミニベロ号です。
ついつい全天候型のこの自転車の出番ばかり多くなってしまいますが、ペダルはクリートなしなので引き足が使えないので劇坂には向きません。
今日も森立峠の登りでは良い運動ができることでしょう。


■ 陸上競技場
P1170495.jpg
長生橋から土手道に入ると、陸上競技場では新潟県女子駅伝が開かれていました。
まだ8:30なので競技は始まっていませんでした。


■ 桜の紅葉
P1170497.jpg
土手沿いの遊歩道の桜は紅葉しておりオレンジ色が綺麗です。


■ ポプラも紅葉
P1170499.jpg
近代美術館前のポプラも紅葉していますが、大きい木はまだの様です。
品種が違うのでしょうか?


■ 大手大橋
P1170502.jpg
今日は大手大橋を渡って、長岡駅側へ向かいます。

P1170503.jpg
正面に見える山並みを超えると向こう側が栃尾です。


■ 今日はついてる?
P1170504.jpg
R17(R8)を超えたところにあるセブンで、今日1杯目のセブンカフェを飲みました。
ついでにタバコを4個購入しました。
今セブンではくじ引きをしています。
2枚引いてなんと2枚とも当たりで、カルピスペットボトルとアイスクリームが当たりました。
アイスは溶けてしまうので、あたり券をもらって帰ります。
これから森立峠を登り大汗をかくはずなので峠の上にセブンがあれば良かったのですが、残念ながらあそこには何にもありません。


■ 蒼柴神社
P1170505.jpg
峠を越える前にちょっと悠久山公園を散策しました。

P1170527.jpg
まずは蒼柴(アオシ)神社にお参りします。

P1170526.jpg
山門の造りが素晴らしいです。

P1170528.jpg
何故か山門の近くに土俵がありました。


■ 悠久山公園
P1170523.jpg
この公園は桜の季節花見客でごった返しますが、雨上がりの朝は静かですね。

P1170512.jpg
銀杏が綺麗に紅葉しています。

P1170514.jpg
こんなところに河合継之助の碑があります。

P1170515.jpg
これは長岡城ではありません。
歴史資料館です。
中には長岡の歴史に関わる様々な展示品があります。
長岡城は平地である現在の長岡駅あたりにありました。
この丘の上の方が良かったのにと思いますが、いずれにせよ中越戦争の結果は変わりませんね。


■ K9を森立峠へ
P1170530.jpg
森立峠への坂をひたすら登ります。
ここでも紅葉が始まっています。

P1170545.jpg
大分登って来ました。
長岡市街が睥睨できます。

P1170547.jpg
森立峠へ到着しました。
途中ヘルメットを取りましたが、晴れて気温が高く今日も汗びっしょりです。


■ 栃尾への下り
P1170551.jpg
路面がぬれているところもあり、今日はゆっくりと下りました。
それでもコンスタントに50kmオーバーで下ることができ、今日の最高速度53.8km/hもここで記録しました。
汗もすっかりひいてしまいます。


■ 栃尾の分岐
P1170552.jpg
ここを右折すると、山古志へ延々と登り道が続きます。
今日は左折して栃尾市街へ向かいます。
実は栃尾の街を訪問するのは今回が初めてです。


■ 橋の上から
P1170556.jpg
街の手前の橋の上(県道を脇へ右折したところ)からの風景も綺麗です。


■ 栃尾市街
P1170559.jpg
市街地に入った途端に、綺麗に紅葉したお宅がありました。

P1170560.jpg
ここも雪深い地域なので、県道脇には雁木(ガンギ)が備えられています。


■ 鈴多食堂
P1170561.jpg
ランチスポット地元の人気店に到着しました。
5月にリニューアルし、駐車場も広くなったそうです。
但し写真で見ただけですが、以前の店の古い佇まいが良かったんですが-----
丁度開店時刻の11:00です。
早速入店してオーダーしました。

P1170563.jpg
チャーシューメン(¥750)です。
本当に懐かしい東京ラーメンの味付けです。
薄味で旨いラーメンでした。
やたら能書きの多いラーメン店が増えていますが、偶には街の中華屋の美味しいこんなラーメンも良いものですね。
叉焼で麺が見えませんが、チャーシューの下にはメンマ、ほうれん草、なるとなどが隠れています。

P1170566.jpg
ほらね、食べかけですいませんが“なると”です。

P1170565.jpg
焼売も旨いとの評判なので2個(¥240)オーダーしました。
これもデカい上に肉がたっぷりでかなり旨い焼売でした。
餃子も旨いらしいので、次回には食べてみましょう。
思いがけず栃尾のランチスポットが出来ました。

P1170567.jpg
店を出る11:25には8割がたの席が埋まりました。
ここも地元のお客さんが多い様です。
駐車場も満車ですね。


■ あぶらげ
P1170571.jpg
折角栃尾に来たので、名物『栃尾のあぶらげ』を買おうとちょっと街中を散策しました。
1軒開店している店を見つけました。
創業100年の「桝忠豆腐店」です。
箱詰めもありましたが、バラを1個(¥180)購入しました。

P1170588.jpg
これが現物ですが厚さは30mm(3センチ)です。
長岡(もっとも現在は栃尾も長岡市ですが便宜上山のこっちを長岡と呼びます)にも売っていますが、一見しただけで本場ものは違います。
実に旨そうです。
これに納豆(たくさんの長ネギと共にこねて)を挟んで、網で焼いて鰹節と練りしょうがをトッピングして食べます。
今夜のつまみです。


■ K138
P1170572.jpg
栃尾から県道で見附方向へ戻ります。
空模様が怪しくなってきました。
峠の上から栃尾方向を望みます。

P1170574.jpg
進行方向はこんな感じです。
車が少なくて快適に走ることができました。

P1170577.jpg
峠を越えて平地へ出ました。
田んぼ以外何もありませんね。


■ 蔵王橋
P1170580.jpg
今日は蔵王橋を渡って川西側へ出ます。

P1170581.jpg
橋からは、鴨の大群が見えます。

P1170582.jpg
白鷺も沢山いました。


■ 柿の木
P1170583.jpg
土手上から柿の木が見えました。
Bさん、あちこちに柿の実を沢山つけた柿の木がありましたよ。


■ いつもの土手道
P1170584.jpg
土手道を戻ります。
13:20ですが、小雨が降り始めました。
今日のヤフー天気予報は珍しく高精度ですね。

P1170587.jpg
近代美術館裏の桜も綺麗に紅葉しています。



この後、『あぶらげ』に挟む納豆を原信で購入しアパートへ戻りました。
13:30にはそこそこ雨脚も強くなり、最後の10分間ほどは雨中走行でした。
しかし、アパートに帰り着いた直後土砂降りに変わりました。
セブンでもそうでしたが、今日はツキのある一日でした。

さて、これから買ってきた『栃尾のあぶらげ』で一杯やることにしましょう。
丁度F1のUSAグランプリも日本時間の明朝5:00スタートすることですし、明日も終日雨降りの様なのでひきこもり生活を楽しむことにします。
  1. 2014/11/02(日) 19:02:07|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

津南カツ丼Tg

津南カツ丼Tg


2014年 10月25日(土)


■ 使用車:3号車エクセラ号(EXS)

■ 概要:ブランド豚の旨いカツ丼を食べに、素晴らしい道を通って津南まで行ってきた。

■走行データ:
アパート → 小千谷 → R117 → K177 → K49 → R253/一瞬 → 浅川原調整池 → K49 → ミオンなかさと → R353 → K49 → 豊船橋 → R117 → 津南駅 → たからや(ランチ)→ クアアウス津南 → 津南駅 → K49 → R353( 往路を逆走行で小千谷まで)→ R117 → 山本山大橋 → 越の大橋 → 越路橋 → フェニックス大橋 → 喜多町セブン(おでん購入) → アパート



    ※走行記録
        Dst:153.22km Tm:7:28' Av:20.5km/h Mx:55.3km/h

     ※ランチ:「たからや」で『大名カツ丼』(¥900)
      セブンカフェ:2杯


先々週のことですが、こちらの友人から10/25(土)に定例ミーティングをやるので、夜の予定を空けるようと連絡がありました。
本来であれば10/25は連休週末の初日なので、予定していた秋の小布施輪行のつもりでした。
しかしながらこのお誘いがあったため、先週末は土曜出勤の週末1日休みでしたが小布施行きを1週間早めて決行しました。
そこで予定を入れ替えて、昨日の土曜日は本来ならば先週末に予定していた“津南で名物のカツ丼を食べる”ツーリングを走ってきました。
尚、夜の約束があるので16:30に帰宅しました。

津南町は千曲川沿いに走るR117の長野県境に位置する山間の町で、新潟県随一の豪雪地帯です。
先週の小布施行きにも、往復ともに津南を車で通過しています。
ここ数年は最高積雪量(降雪量ではなく)が4Mを越え、繁華街ではない近在集落では交通手段が遮断されることも頻繁に起こります。
ニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、毎年集落が孤立状態となり大騒ぎになっています。
冬にはその様に大変な事態に陥る地域ですが、ここにはブランド豚の“津南ポーク”があり町起こしに一役買っています。
“越後もち豚”と共に旨い豚肉として高い評価を得ています。
その津南ポークを使って、独特な旨いカツ丼を食べさせる店が津南にあるということです。
その店「たからや」へ『大名カツ丼』を食べに行ってきました。




■エクセラ号
P1170337.jpg
相棒はエクセラ号ですが、なんとミニベロ号以外に乗るのは今月初めてでした。
6:00に出発しました。


■R117
P1170347.jpg
小千谷から一旦越後川口を通り再び小千谷へ入りますが、R117川口ICを過ぎると朝霧が湧いていて気温9℃ですが少々寒いくらいです。


■県道49号線
P1170354.jpg
先週もそうでしたが長野方面へ行く場合車ならR117を走りますが、今回は往路R117と千曲川を挟んで対岸のK49を走って津南へ向かいます。
R177と並走する県道なので若干空いている様ですし、アップダウンも多く変化に富んでおり途中に集落もあります。
但し、津南までの途中にはコンビニが一軒しかない様です。
岩沢の手前の三叉路を右折してK49方面へ向かいます。


■K49
P1170357.jpg
真人(マットウ)の手前の峠から、早速千曲川の絶景が望めます。


■ 川西町セブン
P1170361.jpg
峠や集落をいくつか超え十日町市に入ると、川西町にこのルート唯一のコンビニがあります。
ここでトイレ休憩を取りセブンカフェを飲みます。
ここに着いた時には強い日差しでかなり気温も上がったので、ウインドウブレーカを脱ぎました。


■ 浅川原調整池
P1170364.jpg
千曲川を挟んでJR十日町の対岸にある浅川原調整池へ到着しました。
ここまで結構なアップダウンの連続で、ヘルメットの中は汗でびっしょりです。
予想以上に気温が上がっています。


■ 素晴らしい路面
P1170365.jpg
K49は細くなったり広くなったりと変化に富んでいますが、こんなに素晴らしい道路の部分もあります。
車が少ないので下り坂では50km超えで快適に走行できます。


■ 宮中ダム
P1170375.jpg
JR越後田沢駅対岸の宮中ダムに到着しました。
街中に近いので大規模ではありませんが、千曲川を堰き止めてダムがあります。

P1170374.jpg
ダム湖の脇には、立派な立木に囲まれ神社がありました。


■ ミオンなかさと
P1170383.jpg
宮中ダムの近くに「ミオンなかさと」と言う立ち寄り温泉を主体とした十日町市の公共施設があります。
ここでは利用率の低かった温水プールのドームの様な建屋の中で、町興しに『トラフグ』の養殖をしているとのことです。
温泉の地熱を利用したものかと想像していましたが、なんと温泉自体(薄めて水温コントロールされていますが)の中で『トラフグ』を育てるそうです。
通常の海水での養殖より、5割がた成長が早いそうです。

P1170379.jpg
残念ながら改装工事中で『トラフグ』を見ることはできませんでしたが、そのうち十日町でふぐが食べられるようになりそうです。


■ R353
P1170385.jpg
宮中ダムを過ぎてしばらく走ると、K49からR353へ道路が変わります。
国道ですが県道よりよほど幅員も狭く、正に林道です。
車のすれ違いも無理な箇所ばかりです。

P1170388.jpg
しかし、この道路は素晴らしかったです。

P1170399.jpg

P1170392.jpg

P1170402.jpg
峠道なので、アップダウンがあり森の中を走っていますが、千曲川沿いの素晴らしい景色を眺めながら走ることが出来ます。
熊の出没などが若干心配ですが、今年初めて走った道路としては間違いなくベストでした。
余りに素晴らしいので復路R117で帰る予定を変更し、帰りもこの道を通ることにしました。


■ 豊船橋
P1170404.jpg
ちょっと道を間違えたついでに、この橋から対岸R117へ向かいました。


■ 峠道
P1170414.jpg
R117へ出るのに峠を1つ超えますが、良い道路で両側にはススキがいっぱいですっかり秋の気分を満喫できました。


■ 津南駅
P1170417.jpg
ランチスポット開店まで少し時間があったので、R177を右折してJR津南駅まで偵察(復路はここから左岸側を帰ります)してきました。
何んと“リバーサイド津南”と言う公共施設自体が駅舎を兼ねています。
まあ駅ビルみたいなものですね。
食堂や土産店などが入っていました。


■ たからや
P1170420.jpg
今日のランチスポット「たからや」に到着しました。
ここは地元のブランド豚である津南ポークを使った独特のカツ丼を食べさせる店だそうです。
11:00開店とのことですが、5分前に到着すると既に開店しており1番で着席しました。

P1170424.jpg
店内には芸能人やレポーターのサインや記念写真がいっぱいです。
この店は頻繁に旅番組やB級グルメ番組で紹介されているようです。
知らない人が殆どでしたが、渡辺徹のサインと記念写真もありました。

P1170427.jpg
『大名カツ丼』(¥900)です。
通常のカツ丼と違い、濃いタレでとんかつを卵とじにしてあります。
15mm位の肉厚なとんかつが乗っており旨いカツ丼でした。
もう少し肉の量が多ければベストでしたが、ボリュウームは充分でした。
他のお客さんが食べていたラーメンなども旨そうでした。
店を出る11:20には既に6割がたの席が埋まっており、地元のお客さんが多い店でした。


■ クアハウス津南
P1170428.jpg
「たからや」のある市街から長野方面へ長いトンネルを1つ超えると、丁度“道の駅”の様な施設があります。
立ち寄り湯もあります。

P1170433.jpg
ここの地元野菜の販売所がなかなか素晴らしいです。
新鮮さは他のこの種の販売店と共通していますが、とにかく圧倒的に安いことが特徴です。
今日はエクセラ号なので積載余地がないため諦めましたが、ミニベロ号であったら野菜満載で帰るところでした。

P1170436.jpg
一例としては、大きなキャベツが¥150程度、大きな長ネギ10本¥150、素晴らしく綺麗なデカいブロッコリ-が¥150、トマト8個¥150など、スパーと比較すると間違いなく1/2〜1/3くらいの価格です。
私の知る限り、間違いなく日本一安い野菜販売所ですね。
車でここに来る機会があれば、皆さんもどうぞ立ち寄ってみてください。


■ 復路R353
P1170440.jpg
往路あまりに素晴らしかったので、復路もR353を通ります。
谷津の様なところで休憩しました。

P1170443.jpg
千曲川です。

P1170444.jpg
R353もそろそろ終点に近づき、ダム施設が見えてきます。


■ 妻有RIDE QUEST
P1170446.jpg
十日町エリアに入ると“RIDE QUEST”のコース案内板がそこここにありました。
昨年、千葉の輪友テガさんが仕事半分で参加された自転車イベントです。
昨年はゴール地点でテガさんと合流し、温泉に入って由屋でへぎそばを食べたことを思い出します。
おそらく今日(10/26日曜日)が競技当日なんでしょう。


■ 浅川原調整池
P1170448.jpg
アップダウンの連続で少々疲れたので、復路もここで休憩しました。

P1170452.jpg
池には鴨が沢山泳いでいました。


■ お屋敷
P1170453.jpg
十日町の市街交差点のところに、素晴らしく大きなお屋敷がありました。
十日町は昔から反物の生産地でもあり、結構銀座にビルを持っている人などが多いと聞いたことがあります。
このお宅の住人もそんな方なんでしょうか。


■ 山本山大橋
P1170455.jpg
小千谷まで戻ってきました。
いつもの橋からの風景ですが、今日も綺麗です。


■ フェニックス大橋
P1170461.jpg
今日は越路橋から右岸を走りました。
フェニックス橋越しに弥彦山も良く見えます。


■ セブンのおでん
P1170464.jpg
セブンのおでんが¥70セール中なので、日曜の夕食用に喜多町のセブンで購入しました。
昆布出汁をとり直し、酒、みりんなどを加えて味を調えれば、その辺のおでん屋よりよほど旨いおでんになります。
夕食はこれにおにぎりでしょうか。



走行距離は150km少しでしたが、帰宅後ルートラボを作成すると獲得標高は1,300m程度でした。
どおりで疲れたわけだと納得しましたが、腿、ふくらはぎ、膝に今も疲れが残っています。
しかし、とにかくR353の素晴らしさに感激したツーリングでした。
また行かなくてはと考えています。
今日も長岡は快晴ですが筋肉痛取りのため、これから越後川口の立ち寄り湯へでも行って、1日まったり過ごそうと思っています。
  1. 2014/10/26(日) 09:19:02|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

小布施車載輪行ポタ

小布施車載輪行ポタ





2014年10月19日(日)



■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:絶好の天気の中、長野県の小布施まで秋の味覚を食べに行く。


■走行データ:アパート → レガシーでR177道の駅「千曲川」(車はデポし自転車を降ろす)→ 「千曲川」出発 → R177飯山 → 吉田 → 小布施到着 → 新生礼拝堂 → 淨光寺 → 岩松院 → 小布施駅 → 「桜井甘精堂泉石亭」(ランチ) /「茶蔵」(デザート) → 民族資料館 → 北斎館 → ハイウエイオアシス小布施(小布施PA) → 「桜井甘精堂本店」 → 吉田 → 飯山 → 道の駅「千曲川」 (ミニベロ号車載) → R117 → アパート

     ※走行記録
        Dst:67.16km Tm:3:39' Av:18.3km Mx:52.1km


  ① 小布施ポタのルートラボ


  ② レガシー(長岡→R177道の駅“千曲川”)の往復ルートラボ



     ※ランチ:「桜井甘精堂 泉石亭」で『甘精堂御膳』蕎麦大盛り(¥2,440)
     ※デザート:「桜井甘精堂 茶蔵」で『モンブラン栗ソフトクリーム』(¥350)
     ※土産:①「小布施PA」で『栗おこわ』3人前(¥1,550)
           ② 小布施町で秋映りんご3個[¥400)
          ③「桜井甘精堂 本店」で土産『焼菓子詰合A』(¥1,890)
                             『焼菓子詰合B』(¥2,852)


     ※岩松院拝観料:¥300
     ※北斎館入館料:¥500

     ※セブンとサークルKでコーヒー:3杯


古い話になりますが30年ほど前から、夏になるとワイフの兄弟家族と『区民の森』という目黒区が運営する蓼科の広大な宿泊施設に車で出かけ、バンガローに泊まりバーベキューを楽しむ恒例行事が10年近く続きました。
又、そこを拠点に近隣の様々な景勝地を訪れたり、牧場でアイスを食べたり、釣りをしたりと大自然の中楽しい時間を過ごしたものです。
多いときには5家族20人以上が参加したこともあり、バーベキューの焼き係だった私は大変な思いもしました。
時が過ぎ子供達が中・高校生くらいまで成長すると、部活だ何やで子供達が参加出来なくなくなってきました。
そして夏の蓼科行きも、最後は大人中心のイベントへと変わっていきました。
大人ばかりになりつつあった20年ほど前からは、蓼科を拠点に長野県内全域を観光するようになりました。
蓼科・美ヶ原ばかりでなく千畳敷、乗鞍、上高地、清里、又散在する様々な温泉地も巡りました。

その際、毎年ではありませんでしたが、栗の名所である小布施の「桜井甘精堂・泉石亭」でランチを摂ることが半ば定例化しました。
しかし10年前に東京の会社を退職し長岡単身勤務生活が始まると、私自身が夏の蓼科へは参加出来なくなりました。
もっとも今は蓼科の施設自体が目黒区の手を離れた上、皆が歳を重ねたことでもあり活動自体がなくなってしまいましたが、楽しかった思い出満載のイベントでした。

話は変わり長岡から小布施までは120km程度の距離で、それも渋滞のない国道117号線を走るため、時間も大して必要としません。 
車なら普通に走って約3時間というところでしょうか。
本当は長岡から自転車で行きたいところですが、往路の登り坂の連続を考えると距離の割りにはハードなコースであり日帰りは難しいところです。
またハイシーズンはどこの宿泊施設も一杯で、天候と予約時期の問題がありまだ自走での小布施往復は実績がありません。
その様な状況の中、5年前くらいから自転車を車載して小布施へ行くようになりました。
ほとんどの場合新蕎麦、新栗を食べることが出来る秋の訪問ですが、一昨年は5月に訪問し、昨年はバタバタしていたこともありパスしました。

本来ならばワイフを連れて来てやりたいところですが、柏からであると最低1泊の宿泊が前提となり時間が取れないため、これも実現できていません。
もっともワイフも来週友人達と長野旅行で小布施を訪れるようですから、まあいいかというところです。
そんなわけで、今年も一人で秋の小布施を楽しんできました。

小布施は狭いエリアなのでポタリングには最適ですが、繁華街以外は割に急坂が多く存在します。
レンタサイクルもあるようですが、それらママチャリではちょっと辛いかもしれません。
駐車場の問題もあり裏道は細く観光客も多いので、車での移動はし難く街中の移動には小径車が最適です。
そんなわけで、今回もミニベロ号をレガシーに積み込んで出かけてきました。



■ R117を長野へ
P1170167.jpg
レガシーの後部座席にミニベロ号をそのまま車載し、長岡を4:30に出発しました。
津南を過ぎ長野県の栄村に入るあたりで夜が明けました。
早朝の国道は空いており快適に走ることが出来ます。


■ 道の駅『千曲川』
P1170170.jpg
R117を長野県に入り、飯山市の道の駅「千曲川」に車をデポします。
ここではR117の向こう側に千曲川が国道に沿って流れています。
川の両側の山には野沢温泉スキー場、戸狩温泉スキー場があり、温泉とスキーのメッカでもあります。
小布施からの帰りの時間帯は交通渋滞がかなり激しいので、ここから自転車を利用することで渋滞走行とそのストレスも解消でき一石二鳥です。
また、ここにも地場産の朝取り野菜の販売コーナーもあります。
但し、今朝は道の駅に到着した際には一面霧に覆われており、気温はなんと1℃です。

P1170172.jpg
ここから千曲川沿いに遡上して、中野市経由で小布施へ向かいます。
本来、風景が綺麗なんですが、濃霧で真っ白の世界です。
真冬用のグローブでないので手が冷たいです。


■ コシナ小布施事業所
P1170179.jpg
幸い飯山市を抜けR292に入ったころには霧も晴れて晴天になりました。
カメラに興味のない人はご存知無いでしょうが、小布施には光学機器メーカのコシナの事業所があります。
ここは国内のカメラメーカへカメラやレンズをOEM供給するのを主たる業務とする会社です。
しかし、20年ほど前にマニアの間でレンジファインダーカメラ(ライカなど、又フィルムカメラ全盛期です)が大ブレイクしたことがありました。
その際に、自社ブランドのレンジファインダーカメラ『フォクトレンダー』やスクリューマウント、ライカMマウントレンズなどを矢継ぎ早にリリースして、このメーカも一世を風靡しました。
今はデジカメの時代に変わったので、企業存続も大変なのではと思います。
おそらく今は、コンパクトデジカメのOEM供給が主たる業務なのだろうと推測します。
但し、数年前からドイツの超一流光学機器メーカのカールツアイスと業務提携し、彼社の優れた設計による1眼レフ用の超高級レンズ(ニコンFマウントがメインですが、最近キャノンEFマウントもあり)をツアイスブランドで供給しています。
高価ですが、とにかく解像度が高く周辺光量落ちも少なく、ボケ味も最高の非常に素晴らしいレンズ郡です。
先日Nikon Dfを購入したので、私も一度は使ってみたいと思うレンズです。
それらのレンズも、この工場で作っているかもしれないので興味津々です。


■ 新生礼拝堂
P1170185.jpg
小布施に到着しました。
まだ8時なので、どこの店も開いていません。
そこで、まずキリスト教の礼拝堂のある新生病院へ向かいます。
1932年に結核患者のために開所された療養所が現在の新生病院です。
療養所に併設されたのが、この礼拝堂でゴシック様式の建物です。
近年改修されたそうですが、栗とりんごが描かれたステンドグラスが素敵です。
蔦が綺麗に絡んでいます。
中では朝のミサが始まっており、讃美歌が聞こえてきたので入りそびれました。


■ 淨光寺
P1170192.jpg
淨光寺(ジョウコウジ)は建立600年を超える古刹です。
山門をくぐり石段を上り詰めると薬師堂があります。

P1170196.jpg
この薬師堂は室町時代初期に建立されたもので重文に指定されています。
大きな屋根ですが、なんと茅葺です。
苔の付着した茅葺屋根が時代を感じさせます。
他に参拝者もおらずとにかく静寂でした。
お参りすると、ちょっと心が洗われました。


■ 岩松院
P1170199.jpg
次は岩松院(イワマツイン)です。

P1170202.jpg
仁王門から境内に入ります。

P1170208.jpg
この寺の本堂には葛飾北斎が88歳の時に1年かけて描いたといわれる21畳敷きの大作「八方睨み鳳凰図」が天井に描かれています。
拝観料¥300を支払って、住職の解説を聴きながら天井画を見学しました。
描かれてから、既に160年経過しており補修が大変だそうです。
写真禁止なのでご紹介できませんが、北斎の浮世絵とは全く違うイメージで晩年の心境の変化なのか、大変インパクトのある鳳凰でした。
またこの寺の池のある庭園には、小林一茶の歌碑もありました。


■ 長電長野線
P1170216.jpg
小布施駅には、長電の初期の車両が展示されています。

P1170214.jpg
又、トラス構造の日本で最初の鉄道用鉄橋も飾られています。


■ ランチの予約
P1170225.jpg
今日は「桜井甘精堂泉石亭」でランチを取りますが、10:30開店なので事前(現在10:00)に順番待ちの名前記入を済ませます。
私は3番目で前の2組はいずれもお2人さんなので、開店と同時にランチにありつけそうです。

P1170227.jpg
道路を挟んだ反対側には「桜井甘精堂本店」があり、ここではお菓子の販売をしています。

P1170228.jpg
本店の横にはテラスがあり、天気の良いときは皆さんお菓子やソフトクリームを召し上がっています。


■ 祭り
P1170233.jpg
ランチまで30分ほど時間があるので、街を散策しました。
どうやら小布施はお祭りの様で山車がお出ましです。


■ 酒屋
P1170236.jpg
この店は酒の販売をしていますが、裏には酒蔵があります。

P1170238.jpg
これが反対側で、酒蔵の入口があります。


■ お菓子工場
P1170242.jpg
こんなしゃれた建物ですが、ここは小布施堂のお菓子工場です。
街の景観を壊さない配慮がさすがです。


■ りんごを買う
P1170243.jpg
小布施PAにもりんごなどの地場産の果物の販売所がありますが、北斎館の奥側の狭い商店街に試食をさせるりんごなどを売る店があります。
いつもここで試食して旨いりんごを2〜3個購入します。

P1170247.jpg
今日は秋映(アキエイ)と言う新種?のりんご3個¥400を購入しました。
まだ少し市内を廻るので、おばちゃんに頼んで後で引き取ることにしました。

P1170244.jpg
ここにはアトムがいました。

P1170245.jpg
こっちには鬼太郎も。


■ 出店
P1170248.jpg
先ほど山車がいた道の先には、お祭りの出店テントが沢山出店しており、観光客でごった返しています。


■ 泉石亭でランチ
P1170254.jpg
時間になったのでランチスポットへ戻ります。
「桜井甘精堂 泉石亭」は先ほども説明しましたが、小布施の中心街に本店と道路を挟んで真向かい側にあります。
小さな美術館(栗の木美術館)も併設され、元々は由緒あるお屋敷の跡地だそうです。
この店には20年ほど前から数回訪れています。
2年前の訪問後、その秋に大幅に建物が改修されました。
以前の古くて落ち着いた良さは無くなり、すっかり近代的になってしまいました。
私には以前の店構えの方が好みに合いますが、ここも行列の出来る人気店なので店内も明るい雰囲気となり、これはこれで良いのかもしれませんね。
5年程前から、同じ敷地に「茶蔵」というカフェも併設されています。
さて、建屋が変わり料理の味まで変わっていなければ良いのですが。
店の中から日本庭園を眺めることが出来ます。


■ 甘精堂御膳
P1170255.jpg
これが『甘精堂御膳』です。
栗おこわ、蕎麦、天ぷら、豚角煮、香の物、汁椀がセットになっています。
店構えは新しくなりましたが、味はここそこ健在でした。
但し、最近長森の蕎麦を食べつけているので、蕎麦はちょっと味が落ちたかなと感じました。
他の料理は以前のままの旨さでした。
セットの蕎麦だけを大盛りでオーダーするのが私流です。

20年前頃は確か¥1,200位(蕎麦はセットの普通盛り)の価格だったと思います。
2年前の5月には¥1,840だったと記憶しています。
しかし、¥2,290(いずれも税込み蕎麦普通盛り)へ大きく値上がりしていました。
今回オーダーした蕎麦大盛りは¥2,440でした。
消費税値上げはともかく、建て屋の大幅改修などでお金がかかったのでしょうか?
ちょっと急激に高くなってしまいましたが、20年前のほぼ2倍以内の金額で料理の量、質、旨さ共に変化無しなので、これで良しといたしましょう。
年に1度のお楽しみですしね。
今日も美味しく頂き、お腹も一杯になりました。
私が店を出た11:00には、既に26組が待ち状態とここも本当に人気店です。


■ 食後のデザート
P1170261.jpg
ランチの後は、隣の「茶蔵」でモンブラン栗ソフトを食べました。
これも栗の濃厚な味わいがあり、旨いソフトクリーム(¥350)です。
でも、モンブランでない栗ソフトの方が余計な甘さがなく旨いですね。


■ 歴史民族資料館
P1170270.jpg
町営の資料館で旧石器時代から近代までの小布施の生活にかかわる様々な用具1400点が収蔵されているそうです。
建物自体はかつて町内にあった都住小学校の木造校舎を移築したものだそうです。
土日は基本的に休館だそうですが、今日は秋の企画展中なので開館していました。
町営で無料で見学出来ます。
古い農機具などが、これでもかと展示されていました。
残念ながらここも撮影はNGでした。

P1170273.jpg
入口には栗と昆虫(本物ではありません)がディスプレイされていました。


■ 北斎館
P1170283.jpg
葛飾北斎はここ小布施で晩年の数年間活動していたとのことで、北斎館という記念館があります。

P1170278.jpg
館内には浮世絵だけでなく様々な北斎の作品が展示されています。
先ほどの岩松院の天井画と同様のタッチの絵も多く確認できました。
晩年は浮世絵師と言うより宗教画家へ変質していたようです。
この北斎館が1976に完成したのを契機に、小布施の観光地化が一気に進んだそうです。

P1170282.jpg
北斎館の前も観光客がいっぱいです。


■ 風味堂のミニカー
P1170284.jpg
北斎館の傍に「風味堂」と言うやはり菓子を中心とした店があります。
数年前から、店の前に可愛らしいミニカー(おそらく50ccのエンジン付き)が展示されています。
これがシトロエンのHトラック風でなかなかよろしいです。


■ 桜井甘精堂の工場
P1170287.jpg
街中から、小布施PAへ向かう途中に「桜井甘精堂」の最新工場があります。
お菓子のみを作る工場としてはかなり巨大です。
そういっても今や小布施の菓子店に留まらず、全国区になったのでこの規模は必要なんでしょうね。
大規模化しても味を落としていないことは大したものです。


■ 「ハイウェイオアシス おぶせ」(小布施PA)
P1170297.jpg
上信越自動車道の小布施PAの施設には高速道路からのみでなく、一般道からもアクセスできるようになっています。

P1170300.jpg
それからPA本来施設の食堂で、夕食用に『栗おこわ』を購入します。

P1170302.jpg
無論、「桜井甘精堂」や他の店でも高級な『栗おこわ』が購入できますが、このPAのものがCPは抜群です。
栗の粒ぞろいは悪いですが栗もたっぷり入っており、価格はご町内有名店で購入する半額程度です。
3人前で¥1,550(税込み)です。
これも2年前は¥1,260だったはずなので大分値上げされましたが、充分にリーズナブルです。
いつもここで自分用に栗おこわ3人前を購入し、2晩続けての夕食用とします。


■ 栗畑
P1170304.jpg
栗の名産地だけあり、PAと市街地の間には広大な栗畑が広がっています。
これは収穫した後のイガの山です。


■ 桜井甘精堂で土産
P1170308.jpg
最後にランチスポット『泉石亭』の向かい側にある『桜井甘精堂 本店』(ここは菓子店です)で、栗を使った洋菓子(焼き菓子)を購入します。
特にマロンパイ(栗まるごと1個入り)は好物で、いつも小布施へ来るたびに自分用土産として買って帰ります。
今日は、他の栗焼き菓子3種とのセット品を購入しました。
いつもお世話になっている方への土産にも1箱持ち帰る事にしました。
どれも旨いので、帰宅後のお楽しみです。

P1170309.jpg
ミニベロ号のサドルバッグはご覧の通り一杯です。
これで、小布施における全ての予定が終了しました。
13:00と予定よりはやいですが、そろそろ道の駅「千曲川」へ戻ることにします。


■ 古牧橋
P1170312.jpg
中野市と飯山市の境の千曲川に架かる橋です。
山も川も綺麗です。


■ R117
P1170313.jpg
飯山市街を過ぎてもうすぐレガシーをデポした道の駅です。
朝の霧と寒さがうその様です。


■ 道の駅到着
P1170316.jpg
道の駅千曲川へ到着しました。
ミニベロ号を車載して帰ります。


■ 千曲川
P1170325.jpg
R117はほぼ千曲川に沿って、飯山から小千谷まで続いています。
ドライブ中の眺めもなかなか綺麗で飽きません。
久々にドライブも満喫できました。




2年ぶりの小布施訪問でしたが、何度訪問しても綺麗な街並みが素敵な場所です。
今の時期は新栗を利用した美味しいものも沢山あり、スイーツ好きには堪らないでしょうね。
ちなみに栗ばかりでなく、今日の蕎麦も新蕎麦でした。
朝の自転車での出発の際には気温1℃でとても寒かったですが、昼間は暑くなり1日中雲ひとつ無い最高の天気に恵まれました。
短い時間でしたが秋の小布施を堪能できました。
旨いものも食べることが出来たし、旨い土産も手に入れたので大満足の1日でした。
小布施へは年内にもう一度行ってみたいような気分です。
  1. 2014/10/19(日) 23:32:24|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

月間1,500kmが見えてきた八海山麓・泉ヴィレッジへステーキTg

月間1,500kmが見えてきた八海山麓・泉ヴィレッジへステーキTg


2014年9月28日(日)


■使用車:3号車エクセラ号(EXS)

■概要:八海山麓の『泉ヴィレッジ』へステーキランチを食べに行く

■走行データ:アパート → 長生橋から土手道4本 → R117 → 山本山大橋 → R17 → 和南津トンネル → K371 → 小出橋 → 魚野川土手道を → 八色大橋 → R17 →浦佐 → 道の駅「南魚沼」→六日町からK364 → R291 → 泉ヴィレッジ(タベルナゴッツォでランチ) → 八海山神社 → 八海山醸造・魚沼の里(さとやでデザート) → 八海橋 → K364 → 浦佐 → 八色大橋 → 魚野川土手道 → 小出橋 → R17 → 越後川口から魚野川対岸土手道 → K83 → R117 → 山本山大橋 → R291 → 小千谷大橋 → 土手道4本 → アパート

     ※走行記録
        Dst:152.24km Tm:7:09' Av:21.2km Mx:51.5km




        ※ランチ:『タベルナゴッツォ』で『ステーキランチ』 ¥1,782

        ※デザート:『さとや』で『八海バウム』¥250 & 「紅茶」¥360

        ※セブンコーヒー 3杯(全てホット)



今日は長野地方の天気も良さそうなので、当初、長野県の小布施までレガシーにミニベロ号を車載して輪行しようかと考えていました。
しかし昨日は土曜出勤日でした。
1日休みで小布施まで行くと、朝早い上に帰宅が遅くなるので少々辛いところがあります。
それで小布施行きはとりあえず来月末へ延期しました。
その方が小布施で新蕎麦が食べられる可能性も高まります。

月末近くなりましたが、今日は一つ目論見もあり150km程度走りたいところです。
それでは八海山へ蕎麦でも食べに行こうかと考えましたが、9/6に『長森』で蕎麦を満喫し、9/14にも流山の『無名庵』で旨い蕎麦を食べました。
幸い蕎麦禁断症状はまだ発症していないので、今日は目先を変えて、『長森』から程近くにある『泉ヴィレッジ』のイタリアンレストラン『タベルナゴッツォ』へ『ステーキランチ』を食べに行ってきました。

『泉ヴィレッジ』は元々八海醸造が地ビールを生産開始する際に『泉ビール園』という名称で設立されました。
今では経営は八海醸造から、地元石内R17沿いの石釜ピザレストラン『薪と石』へと経営権が移っています。
経営権は変わりましたが併設されるビール工場では、八海醸造系列の㈱八海山による地ビールの生産も継続しており、売店では地ビール、パンなどの他に八海醸造の酒類のほとんどが販売されています。
また、レストランや結婚式場(イベント会場)、外にはバーベキューサイト、生ビールサイト、釣り掘り(川を利用)などのある自然豊かな森と川に囲まれた施設です。
また建物自体も1999年度 北陸建築文化賞を受賞している凝った造りです。

『タベルナゴッツォ』(新潟の方言で“ご馳走を食べなさい”の意)は、本格的なイタリアンレストランで、パスタのほか石釜焼きのピザが旨い店です。
いつもここへ来るとランチのピザセット(サラダ・スープ・デザート・飲み物付き)を食べますが、今日は肉料理にしてみました。

話は変わりますが、このエリアにはこの店、そして『そば屋長森』があるので、当分長森のとなりに新規開店した『うどん屋 武火文火』(ブカブンカ)には行けませんね。
あの店も八海醸造の経営でもあり、確実に旨いうどんが食べられるはずですが、当分チャンスは無いかなんて考えていたら、自転車に乗れない雪の季節にレガシーでうどんを食べに行くのが良いかも知れないと思い立ちました。
調べてみると『武火文火』も『長森』や『さとや』同様に定休日は元旦のみなので、この冬早速実践することにしましょう。






■ 長生橋
P1160609.jpg
大分夜明けが遅くなりました。
このごろは5時を過ぎても外は真っ暗です。
今日は出発時刻を6時としました。
相棒はエクセラ号です。
いつものように長生橋のところから、信濃川土手道に入りますが丁度朝日が昇ってきました。


■ 魚野川
P1160614.jpg
R17和南津トンネル先の魚野川定番絶景ポイントです。


■ 小出橋東詰
P1160621.jpg
小出橋の東詰めから魚野川上流を望みます。


■ 土手道
P1160629.jpg
小出から魚野川土手道に入ります。
ちょっと向かい風ですが、最高の天気で最高の気分です。


■ 魚野川①
P1160634.jpg
塩沢の魚野川沿いです。
水は透き通って綺麗です。
 
 
■道の駅「南魚沼」
P1160643.jpg
石打近くの道の駅です。
今日はここから八海山方面へ戻ります。


■ 魚野川②
P1160646.jpg
道の駅からすぐの魚野川沿いです。


■ 条巻橋
P1160655.jpg
R17を離れて橋を渡ります。


■ 泉ヴィレッジ
P1160657.jpg
橋の際を左折して土手道を下流方向へ向かいます。

P1160659.jpg
ここからも八海山が良く見えます。

P1160661.jpg
少し走ると森の中に『泉ヴィレッジ』が見えてきます。

P1160664.jpg
到着しました。

P1160671.jpg
湾曲した廊下を左へ進みます。
円の中心に中庭ならぬ池が設えてあります。

P1160675.jpg
1Fの土産や自家製パン売り場があります。

P1160678.jpg
丁度レストラン開店時刻の11:00なので、すぐに2Fのレストランへ向かいます。

P1160682.jpg
『タベルナゴッツォ』の内部です。
天井のアーチ状の梁が独特の雰囲気を醸し出します。

P1160681.jpg
一人なので、いつもの通り西側のカウンター席に通されます。
この大きな窓からは、八海山も望めます。

P1160685.jpg
小川の流れる庭が綺麗に見えます。

P1160686.jpg
まず瓶に入ったよく冷えたアルカリイオン水が出てきます。
冷たいばかりでなく、旨い水です。
喉が渇いていたので、まずは水を2杯飲みました。

今日はステーキランチ¥1,782税込(サラダ・スープ・パンorライス・デザート・飲み物付きでソースは和風とフォンドヴォーソースから選択)和風ソース、パンでオーダーしました。

P1160687.jpg
コースはランチセットのスープとサラダから始まります。
ミネストローネスープです。
サラダは新鮮で旨いですね。

P1160693.jpg
ステーキと自家製パンです。

P1160695.jpg
アイスコーヒーとデザートのチーズプリンです。
この店はきっちり2品づつ配膳してきます。

ステーキはサーロインの割には脂身が少ないヒレの様な肉質です。
ウエルダンに焼きあげてありますが、柔らかく和風ソースも旨くてハイCPです。
これなら『うずめ』の肉料理に嵌ったテガさんも納得してくれることでしょう。
ちょっと小ぶりですが、今の私には丁度良いボリュームです。

学生時代大森駅近くの池上通り沿い、国鉄ガード下の商店街にあった『万世』でたまにサービスステーキ300gを食べていたので、60歳になったとはいえ200gで足りてしまうことに複雑な気持ちです。
そのサービスステーキは¥500/100gで好きな量を焼いてもらい、パンはサービスになっていました。
本当は400~500gを食べたいところでしたが、節約のため300gでぐっと我慢しサービスのパンをたくさん食べることでお腹を満たしていました
こんなことを考えていたら、この『万世』で数回、俳優の田中邦衛さんと一緒になったことなど、どうでも良いことも懐かしく思い出しました。

P1160703.jpg
庭をちょっと散策しました。
小川の水がとても綺麗です。

P1160705.jpg
この川自体がこの上流側で釣り掘りになっています。
イワナが釣れるそうです。

P1160710.jpg
これが外のビアレストランです。

P1160711.jpg
ビール工場はどこにあるかというと----結婚式場(イベントホール)の1階にありました。
レストランなどの入口の反対側なので今まで気がつきませんでした。
外から見た限りそれほど大規模な製造施設では無さそうですが、土産物屋などへの供給量も考えると相当の量のビールを生産しているはずです。


■ 魚沼の里
P1160720.jpg
長森のある魚沼の里へ到着です。
いつもの看板前です。
今日は「お料理教室」も開かれていますね。

P1160736.jpg
ステーキを食べたので、今日は『さとや』の『八海バウム』(バームクーヘン)を食後のデザートに頂きます。
顔なじみの可愛い女店員さんとも、久しぶりに話ができました。

P1160731.jpg
このテラス席は陽気のせいもあり、実に快適至極でした。
ここでお茶を飲んでまったりしていると、帰りたくなくなります。

P1160741.jpg
千葉(木更津)から見えた車載輪行一家と遭遇しました。
お父さんだけがカーボンロードで、奥様と息子さんはタルタルーガのミニベロです。
ご一家でポタリングとは羨ましい限りです。
しばしお話をし、この辺りの情報をご提供しました。


■ 八海山
P1160745.jpg
実った稲穂越しに八海山がよく見えます。


■ 小出橋
P1160746.jpg
復路魚野川上流側からの小出橋です。


■ 空と雲
P1160769.jpg
今日は終日とても良い天気で日差しは暑いくらいでした。
出発時点では薄手のウインドウブレーカーを着ていましたが、朝8時には脱ぎグローブも指切りに交換しました。
バミューダとTシャツで丁度良い具合でした。


■ 劇坂
P1160778.jpg
今日は越後川口から左岸土手道そしてK83に入りましたが、R17方面へ行かず直進しました。
関越道の越後川口ICへ出られるはずなので、R117経由で帰宅しようと思いました。
ところが、出ました劇坂です。
距離は短いですがR17や先日開拓したR17への抜け道より、2段階くらいきつい登りがありました。
エクセラ号のフロントをインナーへ切り替えようやく登頂しました。


■ フェニックス大橋
P1160783.jpg
越路橋を渡り右岸土手道へ出たので、今度はこの橋を渡り左岸側へ戻ります。

P1160785.jpg
橋からの下流方向です。
長生橋が見えます。
この後、原信で夕食の麻婆豆腐用に豆腐を購入して帰還しました。



昨日は日差しは強烈でしたが、気温は30℃に届かずからっとした天気で快適なツーリングが楽しめました。
ステーキもデザートも旨かったので大満足でした。

何故今日は最低150km程度走りたかったのかをネタばらしすると、実は今月の総走行距離が1,500kmに到達しそうだからです。
昨日時点で今月の走行距離は約1,325kmです。
今日の走行で1,477kmとなり、1,500kmに大手がかかりました。
1,500km走ることができれば単月の走行距離としては圧倒的な新記録となり、おそらく当分破ることはできないでしょう。
今日150km少々走ることができたので、明日のジテ通で月間1,500km走行が実現しそうです。
7月にマイナス326km,8月はマイナス34kmと2ヶ月連続で計画より負け越したので、これでリカバリーでき200km程度の貯金もできそうです。
これで年間の目標走行距離9,000km達成の目処が立ってきました。
これがあったので小布施車載輪行を来月以降に順延したわけです。
とにかく雪が降ってくるまでは、一所懸命走ることにしましょう。
  1. 2014/09/28(日) 22:01:55|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

越後川口温泉湯治ポタ第2弾

越後川口温泉湯治ポタ第2弾




2014年9月23日(火)



■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)


■概要:日曜に引き続き右肩から背中にかけての痛みを治すため、越後川口の立ち寄り温泉まで湯治ポタその2実施。 
      肩も大分楽になりました。


■走行データ:アパート → 土手道4本 → R17小千谷大橋 → R351 → 山本山大橋 → R17 → 越後川口温泉 → 魚野川左岸 → 貝の沢からR17 → R351 → 山本山大橋 → R117山本山セブン → ベイシア → 土手道4本 → 大島ファミリーマート → アパート

      ※走行記録
        Dst:65.01km Tm:3:24' Av:19.1km Mx:59.8km
        (日曜日とほぼ同じルートで山本山大橋通過が往路から復路へ変わっただけなので
         ルートログは割愛)


      ※立ち寄り温泉:“越後川口温泉”(入浴料 ¥700)
      ※セブンコーヒー:3杯




今日も朝から好天です。
実は今日は小布施まで車載輪行ポタに出かける予定でした。
しかし、先日来の右肩の痛みがいまいちの状態です。
日曜日に越後川口温泉で温まってからは、チクリとした刺すような痛みはなくなりました。
しかし重い鈍痛が残っており、せっかくの小布施を楽しむことが出来ない可能性もあります。
そこでそちらは延期して、今日も越後川口温泉まで湯治ポタしてきました。




■越の大橋
P1160540.jpg
いつもの信濃川土手道をR8越の大橋まで来ました。
今日は6時まで寝坊してから朝食を取り8:30スタートしました。
お腹もいっぱいなので、夕食を早めることにしてランチは抜きです。


■ これは何だ?
P1160541.jpg
越の大橋へ抜ける道に何やら敷き詰められています。
ちょっとここは天下の公道なんですが、これでは自転車も通ることが出来ません。

P1160542.jpg
よく見ると落花生ですね。
しかし、公道を占拠しての天日干しには呆れるばかりです。
小千谷は本当に田舎そのものですね。


■ すすき
P1160543.jpg
河原のすすきです。


■ コスモス
P1160544.jpg
こちらも河原のコスモスです。
河原はすっかり秋景色ですね。


■ えちご川口温泉
P1160548.jpg
一昨日同様にR17を道の駅の交差点を左折し、きつい上り坂を頑張って登ると温泉へ到着です。


■ 廊下
P1160551.jpg
ロビーから風呂へ向かう廊下です。
相変わらず壁には写真や絵画が飾られています。

P1160553.jpg
丸窓が鏡の様です。

P1160556.jpg
足つぼマッサージが受けられるようです。


■ 風呂
P1160557.jpg
ここから男湯に入ります。

P1160569.jpg
温泉成分表と効能書きです。

P1160570.jpg
風呂のロケーションと説明があります。

P1160558.jpg
ロッカー室を抜けると内湯があります。

P1160559.jpg
露天風呂からの風景です。
魚野川の景色が綺麗です。

P1160563.jpg
こんな感じで皆さんくつろいでいます。

P1160567.jpg
こちらが入口側の源泉かけ流しの露天風呂です。
濁った褐色の湯で綺麗ではありません。

P1160568.jpg
しかし、エンツォは効能抜群のこの湯しか入りません。


■ 風呂上がりの牛乳
P1160571.jpg
今日も瓶入り牛乳を定番のスタイルで飲みます。


■ ロビーからの景色
P1160577.jpg
今日はアングルを変えてちょっと右側重点で撮影しました。

■ 土手道
P1160582.jpg
復路、今日もR17越後川口からの登りをパスして、対岸の土手道に出ました。

P1160586.jpg
ここからの川の風景もなかなか綺麗です。


■ 橋から
P1160587.jpg
橋から千曲川(ここはまだ信濃川ですが)上流側を望みます。
見えている橋は関越道ではなく十日町方面へ抜けるR117です。


■ JR水力発電所
P1160588.jpg
山本山大橋からJRの発電所が見えます。
山の手線を始め都内近郊の電車用の電氣はここで発電しています。


■ 秋の空
P1160590.jpg
R117山本山麓のセブンからの景色です。


■ ベイシア
P1160591.jpg
一昨日に引き続いて、ベイシアで夕飯の食材や朝食用のパンなどを購入します。
ここは品揃えが圧倒的で、値段も安いです。
アパートからは20kmとちょっと遠いですが、利用頻度を上げようと思います。

■ ミニベロ号買い出し仕様
P1160592.jpg
荷物をサドルバッグに詰め込みたかったんですが。
風呂道具やバスタオルが入っているため、バッグだけでは入りきりません。


■ 琥珀エビス
P1160596.jpg
帰宅すると、先日来買占めした「琥珀エビス」で喉を潤します。
兎に角このビールは私にとっては世界最高で、このビールを飲むと通常エビスを含めて、他のビールを飲む気がしなくなります。
色も濃く味も濃いビールで私の好みにぴったりです。
秋だけの限定発売品なので、毎年正月用を含めて今の時期小遣いの続く限り買占めます。


■ 赤飯&とんかつ
P1160597.jpg
実は今日小布施へ行ったらあちらでも食べますが、小布施PAで栗おこわを買ってくる予定でした。
赤飯は好物で、東京の自宅では母が誕生日や祝い事がある度に、庭にあった赤飯を炊くときにしか使わないかまどで、まきを使ってせいろ蒸しで赤飯を炊いてくれました。
火の番は良くやりましたが、当時赤飯の付け合わせにはトンカツと卵焼きが定番(僕のリクエスト)でした。
今日は久々に東京時代を偲んで、ベイシアの赤飯ととんかつ、それから卵焼きを作って夕食にします。
ランチ抜きだったので、早目にしこたま食べることにしましょう。



今日は10:30〜13:00まで温泉に浸かっていました。
肩の具合は、てき面に回復してきました。
これで明日からの仕事も、ジテ通も頑張れそうです。
越後川口温泉へ向かう際の3か所の劇坂がなければもっと通うんですが、楽あれば苦ありですね。
人生と同じです。
  1. 2014/09/23(火) 18:45:39|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

越後川口温泉まで湯治ポタ

越後川口温泉まで湯治ポタ



2014年9月21日(日)



■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:2週間ほど前から、右肩から背中にかけての凝りが発生しました。
    どうにも直らないので、越後川口の立ち寄り温泉まで湯治に出かけた。


■走行データ:アパート → 土手道4本 → とんかつ太郎(ランチ)→ R177 → 山本山セブン → 山本山大橋 → R351 → R17 → 越後川口温泉 → 魚野川左岸 → 貝の沢からR17 → R351 → 小千谷駅セブン → 小千谷大橋 → ベイシア → 土手道4本 → 大山セブン → アパート

※走行記録
        Dst:66.13km Tm:2:20' Av:19.8km Mx:55.6km




※ランチ:『とんかつ太郎』で『ミックスA定食』(¥1,200)
※立ち寄り温泉:“越後川口温泉”(入浴料 ¥700)
※セブンコーヒー:3杯



今日は朝から好天です。
レガシーのオイル交換をしなければならず、10:00にオートバックス長岡に車を持ち込みました。
オイル交換の前に、洗濯を終えてからミニベロ号で与板まで朝練してきました。
走行距離はわずか38.5kmでしたが、これで今月の走行目標1,000km突破です。
併せて、ミニベロ号の累積走行距離が15,000kmに達しました。
良く乗ったものです。
通勤にも使っていることもありますが使い勝手の良さから、ロードやスポルティフの2倍は走ってしまいます。
P1160527.jpg
但し、450と小さなフレームなのでBBとリアエンドの距離が近く、フロントアウタースプロケットは62T(デフォルトは52Tでした)と超巨大なせいもあり、チェーン落ちが多いのが偶に傷です。

11:00にはにレガシーのオイル交換を終えましたが、それから自転車での遠出もできません。
仕事の方はJIS Q9100認証規格取得準備作業も佳境に入ってきました。
この1ヶ月ほどは、品質マニュアル、図表や書式作成に没頭しています。
机に座り詰めのせいもあるのか、通勤を含めて適度に自転車は漕いでいますが、2週間ほど前から右肩から背中にかけて凝りが生じています。
この手の痛みはなかなか直りませんね。
そこで今日は、以前腰痛を起こした際に抜群の効能があった越後川口の立ち寄り湯まで、湯治ポタに出かけてきました。



■オートバックス長岡
P1160448.jpg
長岡唯一のショッピングモール“リバーサイド千秋”の道を挟んだ反対側に長岡のオートバックスがあります。
私はオートバックスのオイル会員(入会時、少しお金を取られたような気もしますが、年会費は無料)になっているので、オイル交換の工賃は取られません。
オイル代金とオイルフィルター交換(2回に1度)するのであれば、その部品代だけ払えば、日本全国のオートバックスで作業をしてもらえます。
たまに柏でもオイル交換しますが、ほとんど長岡での実施となります。


■リバーサイド千秋
P1160441.jpg
待ち時間は、リバーサイド千秋の書店で時間を潰します。

P1160528.jpg
こんな本を買いました。
泥除け付きのエクセラ号やミニベロ号の輪行仕様のヒントが掲載されています。
ちょっと研究しなければ。


■長生橋
P1160450.jpg
オイル交換を終え、一旦アパートへ戻りミニベロ号で出撃しました。
今日は昨日に引き続き素晴らしい天気です。
但し、昨日までの様に涼しくありません。
気温は30℃程度まで上がった様で、久しぶりに暑いです。
薄いウインドウブレーカをサドルバッグに入れてありますが、今日は短パンTシャツです。


■ いつもの土手道
P1160451.jpg
越路橋までの土手道その2です。

P1160452.jpg
山も空も川も綺麗です。

P1160455.jpg
土手道その3、いつものビューポイントです。

P1160459.jpg
越の大橋(R17)手前の風景です。


■ とんかつ太郎
P1160461.jpg
12:30、まずは小千谷の『とんかつ太郎』でランチを取りました。

P1160462.jpg
いつもの『ミックスA定食』のランチを摂りました。
いつもながら、ここのヒレカツとエビフライはなかなか旨いです。
4月から¥50値上がりし¥1,200になり、エビフライの海老がちょっと小ぶりになり普通に箸で持てるようになりましたが、まだコスパは高いです。
キャベツや、ご飯の盛りも良いので満腹になりました。


■山本山大橋
P1160467.jpg
最近通勤前に走っていることで開拓した山本山大橋を渡ります。
この橋からの風景も絶景です。


■ えちご川口温泉
P1160473.jpg
R17を道の駅の交差点を左折し、きつい上り坂を頑張って登ると温泉へ到着です。
今日で3回目の訪問です。
入場料は¥700です。

<えちご川口温泉の特徴>
●泉質:ナトリウム-塩化物強温泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
●一般的適応症:神経痛、筋肉痛、肩こり、うちみ、冷え症、疲労回復、健康増進など
●泉質別適応症:慢性皮膚病、慢性婦人病、やけど、きりきずなど
●泉温:54.3度
温泉成分は非常に多く、中でもヨウ化物イオンの含有量は23.9mgと非常に高い温泉です。
筋肉痛、肩こり、疲労回復に利くとのことなので、今日も楽になれることでしょう。


■ ロビーからの風景
P1160477.jpg
ロビーの奥側に信濃川方向の景観が眺められるガラス張りのビューポイントがあります。
なかなかの絶景です。
露天風呂からも同じ景色が楽しめます。


■ 男湯入口
P1160481.jpg
それでは温泉に入ります。
結局今日は、源泉かけ流しの露天風呂と屋内の電気風呂に1時間半浸かっていました。
肩の痛みも大分和らぎました。


■ 風呂上がりの牛乳
P1160485.jpg
すずらんさんの仰る通り、両足を開いて左手を腰に当て一気に牛乳を飲みました。
これが正しい?牛乳の飲み方です。


■ R17への下り坂
P1160490.jpg
登るのは大変ですが下りは快適です。
今日の最高速度55.6kmも国道ではなく、この道で記録しました。


■ 西倉橋
P1160495.jpg
今日は復路はR17の越後川口から小千谷へ登らず、ちょっと違う道を通ってみました。
越後川口から関越道インター方向へ県道を進み、千曲川側の信濃川を渡りR17を迂回して峠の上へ出ました。
西倉橋を渡ります。
関越道の高架橋が見えます。

P1160496.jpg
これは反対側です。


■ もう一つの信濃川の橋
P1160506.jpg
橋の名前が確認できませんでしたが、R17の川を挟んで反対側からこの橋を渡り、再びR17を目指します。
夕日が眩しいです。


■ 雲と空
P1160508.jpg
何とも綺麗な雲が見られました。


■ 魚野川と千曲川合流ポイント
P1160510.jpg
ここが魚野川と千曲川の合流点です。
手前側が信濃川で長岡方向へ流れています。
左奥が魚野川で、源流は谷川岳です。
右奥が未だここの名前は信濃川ですが、実は千曲川で長野県から流れてきます。


■ R17
P1160517.jpg
予想通り、R17の峠の頂上付近へ出ました。
登りのきつさは同様ですが、自動車の通行量が多く車速が早いR17より、交通量の少ない今日の道の方が良いですね。
次からはこの道を使うことにしましょう。

■ 小千谷大橋
P1160522.jpg
小千谷駅前からのR291を小千谷大橋のところで曲がり橋を渡りました。
夕日が綺麗に川面に映っています。


■ ベイシア
P1160524.jpg
橋を渡ったところにある巨大食品スーパー“ベイシア”です。
夕食のもり蕎麦の付け合わせの天ぷらを買って帰りました。
久しぶりに入店しましたが、関東地方の都市にも滅多にないほどの規模ですが、人口高々2,3万人の小千谷市にあるのが不思議なサイズの店です。
品揃えは圧倒的です。
夕食用に天ぷら4種を購入しました。




今回も立ち寄り温泉訪問は大正解でした。
肩の痛みも今は大分和らぎました。
明後日、小布施へ車載輪行する予定ですが、あちらでも立ち寄り温泉に入って完治したいと思います。
今日は昼間は30℃程度の気温で暑かったですが、4時を過ぎると急激に気温が下がりました。
復路は薄いウインドウブレーカーを着て丁度良い塩梅でした。
グローブも今日から指切りはやめました。
昼間はちょっと汗ばみましたが、夕方の涼しさを考えると正解でした。

今日で今月の走行距離は1,100kmを超えました。
しかし今週、来週と月末の土曜日は2週連続で出勤日となっています。
7月の不足分350kmを取り戻したいところですが、結果や如何に。
  1. 2014/09/21(日) 22:55:32|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (102)
ツーリング&ポタリング (150)
柏(千葉) (103)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (47)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR