Pleasure of a life

雪国の備え

雪国の備え


2013年11月29日


昨日長岡は夕刻以降、雨が雪とみぞれへと変わりとても寒い1日でした。
今日も予報は曇り後雨ですが、昼の時点では何故か晴れています。
せっかくの機会なので、こちらの雪への備えを少しだけご紹介します。


■ 雪吊り
P1080060.jpg
庭などの植木は雪が直接樹木に積もり、雪の重みで枝が折れることを防ぐことを目的に“雪吊り”を施します。
写真は会社の緑地帯の松の木で高さは4M程ですが、もっと高い木であると作業自体も大がかりで費用もバカになりません。


■ 雪囲い
P1080058.jpg
花壇などは棚のような、“雪囲い”をして草花を雪から守ります。
これも大きな花壇であると一仕事です。


■ 落とし板
P1080063.jpg
建物1階のガラス窓には、外側に“落とし板”をセットして積雪の圧力でガラスが割れることを防止します。



越後の雪への備えの一端をご紹介しましたが、いずれにしても手間暇とお金のかかる全く生産的でない作業です。
降雪期には道路の除雪、屋根の雪下ろし、通路・歩道の除雪、駐車場出口の除雪、自動車自体の雪下ろしなど雪の積もらない地域では想像も付かない様々な雪に係わる作業が発生します。
道路の除雪やその排雪(雪をダンプカーに積んで河川などへ捨てること)に、長岡市だけでも年間数億円の費用がかかります。
日本中の降雪地域全体では数百億円(もっと高額?かもしれない)の費用が使われているはずです。
これ自体が産業にもなっており、住民の生活と生命の安全を守るためには致し方ないのですが、溶けてしまえばただの水である雪のために、これだけの膨大な金を使うことは何とも勿体ない気がします。
スポンサーサイト
  1. 2013/11/29(金) 12:32:18|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

11月の走行覚書

11月の走行覚書


中越地方は今月中旬以降、降雪前の長雨の時期に入りました。
日が射すこともありますが、ほぼ毎日雨降りが継続しています。
最終週も予報は毎日雨マーク付き、木,金曜には雪マークも付いてしまいました。
それでも今日11/27(水)は、その間隙を縫って朝から晴天でした。
しかし業務都合でジテ通はできませんでした。残念!
これで帰宅移動する月末最終日(30日/土曜ですが出勤日)まで全く自転車を漕ぐ事はできません。
30日の柏帰宅時刻も遅くなるし、翌日には早起き必須のBさん主催鹿野山輪行ポタもあり、もう今月の自転車走行
はありません。
ですから横着をして、今月はの走行覚書を早々と纏めてしまうことにしました。


■ 長岡は11/11に初雪が降り、その後(中旬以降は殆ど雨降り)も本格的な降雪前の長雨が継続した。
従って、弥彦紅葉Tg以外にロングライドは一切できず。
今月目標の600km走行はクリアーしたが感覚的に走り足りない。
ジテ通は5回実施。

■ 年内にもう一回だけ八海山「長森」へ蕎麦を食べに行きたいが、12月に入ってからの八海山方面への走行実績
は直近4年間で1度のみなので実現するかは微妙だ。

■ 今月は天候の具合もあり、ミニベロばかりの走行となった。
年末年始には柏で、たっぷりとロードやスポルティフにも乗りたい。

 
■ 11月度走行データ
  車体名称       型式              走行距離[km]
1号車ミニベロ号   Raleigh Small Sport         449.38
2号車ウノ号      Calamita UNO               0
3号車エクセラ号   ARAYA Excella Sportif         0
4号車オールド号   OLD DAHON Ⅰ           80.18
5号車マスター号   Colnago Master-X Light        0
全車合計                               529.56
目標走行距離                            500
単月差異                               +29.56


■ 2013年累積走行距離(年間走行目標距離:7,000km)
月度   目標走行距離[km]   実績走行距離[km]    差異[km]
1月       500            336.38          -163.62
2月       300             427.38          +127.38
3月       500             595.48           +95.48
4月       600             609.32            +9.32
5月       700            860.04           +160.04
6月       600            1,025.41          +425.41
7月       900            689.60           -210.40
8月       900            1,065.68           +165.68
9月       500             829.17           +329.17
10月       600            668.57            +68.57
11月       500            529.56            +29.56
12月
累計      6,600           7,636.59          +1,036.59


■今月のメンテ・改造実績
特になし


トピックス

■11/3 「越後川口温泉」の露天風呂の泉質が自分に合うのか、腰痛に効果覿面だった。
その後再訪したが、しばらくは通うことになりそうだ。
降雪期には自転車走行は無理なので車利用となるが、積雪時は源泉かけ流しの露天風呂は閉鎖されるとのことで実に残念。
P1070380.jpg


■11/8 3回目の「小名浜」訪問。
ランチの「ばらちらし御膳」を食すが、これも旨くてボリューム満点。
この店のCPは抜群だ。
年末にでも平日ランチに1度は訪問したい。
P1070433.jpg
  
  
■11/10 娘の挙式。
婚礼が無事終了し、娘の新しい生活が始まった。
この十年離れて暮らしていたので、帰宅しても娘の顔を見ることができなくなることが寂しい。
しかし、新居も近いので良しとしなければならないか。
今は良き家庭を築いて、幸せな生活を送ることを願うのみだ。
P1020538.jpg


■11/11 中越地方に初雪。
柏から長岡へ戻る日は丁度中越地方の初雪だった。
湯沢からは吹雪の中を走行した。
P1070656.jpg


■11/16 「弥彦公園」の紅葉を鑑賞した。
想いのほか見事な紅葉にちょっと感激した。
P1070930.jpg
  
  
■11/23 休出の日通勤路の紅葉
越路河川公園横の信濃川土手道の桜も今年は綺麗に紅葉していた。
こんな風景を眺めながらの自転車通勤は朝から気分が癒される。
今はすっかり落葉し紅葉も終わり、あとは雪が降るのも時間の問題。
この道も一旦積雪が始まってしまえば、来春の雪解けまで走ることはできない。
P1070398.jpg
  1. 2013/11/27(水) 23:00:59|
  2. 覚書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

『特別編集版:弥彦公園の紅葉』

最後の3枚の写真は、公園入口近くの池のところの紅葉です。
それ以外はすべてもみじ谷(赤い観月橋周辺)の紅葉です。
ではご覧ください。

P1070868.jpg

P1070870.jpg

P1070874.jpg

P1070882.jpg


P1070878.jpg

P1070890.jpg

P1070892.jpg

P1070899.jpg

P1070900.jpg

P1070904.jpg

P1070915.jpg

P1070918.jpg

P1070926.jpg

P1070929.jpg

P1070943.jpg

P1070949.jpg

P1070952.jpg

P1070955.jpg


いかがでしたでしょうか?
私が今まで見た紅葉の中でベストでした。
テガさんもお知り合いの弥彦神社の宮司さんを訪問される際に、弥彦公園へ立ち寄る
と仰っていましたが、ご覧になったでしょうか?
  1. 2013/11/16(土) 22:26:14|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

弥彦紅葉Tg

2013年11月16日(土)

■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:今年最後?の弥彦山クライムと弥彦公園で紅葉狩

■走行データ:アパート→与板セブン→道の駅:国上→弥彦山山頂駐車場→弥彦村:やまぼうし/ランチ→弥彦公園散策・撮影→国上セブン→寺泊海岸→和島→与板セブン→良食生活館(スーパー)→アパート

※ランチ:弥彦村『やまぼうし』で“カニわっぱめし”

※走行記録
        Dst:108.29km Tm:5:47' Av:18.7km Mx:54.5km




昨日までは雨がち(みぞれ・雪もあり)だった中越地方ですが、今日明日の土日は好天になりそうです。
Web情報によると弥彦公園もみじ谷のもみじも紅葉最盛期であり、来週末では盛りが過ぎてしまうとのことです。
夜明け前まで結構強い雨降りでしたので朝時点では路面も濡れており、今日も泥除けのある1号車ミニベロ号で弥彦へ紅葉狩に出かけました。




■ 長生橋
P1070806.jpg
今日も長生橋のところから信濃川土手道を与板方面へ向かいます。
写真は7:30で晴れてはいますが、路面は完全にウエットです。


■ 日の出
P1070808.jpg
長岡の東側にある東山からご来光です。


■ 信濃川土手道
P1070809.jpg
日赤病院近傍の土手道です。
ここの街路樹(桜)も綺麗に紅葉しています。
路面はぬれていますが、たいへん気持ちの良い晴天になりました。


■ 信濃川と弥彦山
P1070812.jpg
関越道を過ぎると、信濃川越しに弥彦山が薄っすら見えてきました。
今日もあの山を登ります。


■ 国上山
P1070820.jpg
道の駅『国上』から、国上山(弥彦山の南側)がくっきり望めます。


■ インナーに手レイラー
P1070823.jpg
弥彦山スカイライン登り口で、ミニベロ号のチェーンを手レイラーによりインナーへ架け替えます。


■ 弥彦の登り
P1070824.jpg
登り始めてすぐに汗をかきましたので、ちょっと止まってダウンのブルゾンを脱ぎました。
路面まだ完全ウエットです。
これでは下りも日影はウエットのままでしょう。
所どころに濡れた木の葉が堆積しているところもあリます。
下りは要注意ですね。


■ 日本海
P1070826.jpg
1/3ほど登ると日本海の眺望が開けます。


■ 弥彦山の紅葉
P1070827.jpg
弥彦山も所どころ紅葉していますが、全山紅葉というのとは程遠いですね。
弥彦公園の紅葉は大丈夫なのかな?


■ 隧道
P1070833.jpg
スカイラインの頂上駐車場の手前に隧道があり、ここから一旦下り再度登り返します。


■ 弥彦山山頂
P1070840.jpg
山頂駐車場へ到着し、いつもの看板前です。
余りに暑いので、途中で更にトレーナーを脱いでヒートテック長袖のTシャツのみで山頂駐車場へ到着です。
以前にもご紹介しましたが、本当の山頂はここから上へ30Mほどクライミングカーに乗り、更に10分ほど歩いたところにあります。


■ パラグライダー飛行台
P1070847.jpg
山頂から少し下ったところにパラグライダーの飛行台があります。
下りの時点で3人の方が飛行準備されていました。
時間あれば飛行の様子を見たかったのですが、弥彦公園の紅葉が待っているので断念です。


■ スカイラインの紅葉
P1070848.jpg
弥彦山スカイラインの両側にも僅かでしたが紅葉がみられました。


■ やまぼうし
P1070851.jpg
以前、ステーキ丼を食べた『やまぼうし』で早目のランチを取ります。
味わいある建物であり、食べ物への期待も膨らみます。


■ カニわっぱめし
P1070855.jpg
今日は新潟名物“わっぱめし”を頂きました。
カニわっぱですが、カニも結構たくさん入っており、アツアツで美味しいです。
味付けは薄い塩味です。
わっぱめし自体、今回初めて食べましたがなかなか旨いですね。
これに旨い味噌汁が付いて¥1,050はリーズナブルです。
次もこれかな。


■ 弥彦村の渋滞
P1070856.jpg
弥彦村は観光客の車が駐車場空き待ちで大渋滞していました。
こんな時も思いますね<自転車最高!>


■ 弥彦駅
P1070860.jpg
弥彦駅ホームです。
ここに喫煙場所があるので、食後の一服です。


■ 駐輪場
P1070863.jpg
駅の駐輪場にミニベロ号を置き、ここから徒歩で弥彦公園へ向かいます。


■ 弥彦公園
P1070955.jpg
入口近くの池の周囲も綺麗に紅葉していますね。
奥のもみじ谷への期待が膨らみます。

P1070936.jpg
もみじ谷の紅葉もご覧の通り綺麗です。


■ 帰路からの弥彦山
P1070958.jpg
弥彦を出発する頃には、すっかり快晴となりました。
下の国道から弥彦山も鮮明に望むことができました。


■ 日本海
P1070964.jpg
いつもの通り、弥彦から日本海へ出ます。


■ 寺泊海浜公園
P1070966.jpg
今日はアメ横の反対側の海側へ出てみました。
ここには海浜公園があり、平和の礎というモニュメントがありました。
海へは砂の海岸を少し歩かなければなりません。
歩いてみましたが、特に絶景でもなかったので写真は割愛です。

■ 海岸沿い
P1070970.jpg
暖かかったので寺泊からは、内陸へ向かわず海岸沿いのR402を少し走って海を満喫しました。

P1070972.jpg
日が海に反射して綺麗です。


■ 和島
P1070974.jpg
海岸沿いから和島へ向かいました。
広大な田園風景が広がっています。


■ 二宮尊徳像
P1070979.jpg
寺泊から与板へ向かう田舎道(バイパスができるまでは国道)に廃校となった小学校があり、その隣の田んぼの中に二宮尊徳さんの像があります。
何故なんでしょうか?


■ 与板・新黒川水門の東屋
P1070982.jpg
いつもの水門脇の東屋で最後の休憩を取りました。


■ メーメー山羊さん
P1070983.jpg
前にも目撃した畜産農家の山羊です。
メーメーとよく鳴きます。

P1070984.jpg
今日は、いつもの大きな山羊以外に2匹の小さな山羊も目撃しました。
何故だか、ちょっと茶色がかった子山羊だけがリードなしでした。
この山羊たちは人にも慣れているのか、近寄っても泰然としておりなかなか可愛い奴らです。


■ 土手道からの弥彦山
P1070992.jpg
与板の水門から再び土手道を長岡へ向かいますが、途中振り返ると朝よりくっきりと弥彦山が望めました。


■ 再び信濃川土手道
P1070994.jpg
のどかな土手道を長岡へ向かいます。



往路はウエット路面でしたが、この時期としては風も穏やかで暖かく快適なツーリングが楽しめました。
弥彦の紅葉も最高でした。
とても綺麗な紅葉だったので、このブログの次に『特別編集版:弥彦公園の紅葉』としてアップしますので、そちらで弥彦公園の紅葉をお楽しみください。

明日は年内最後?となるかもしれないですが、八海山・長森へ蕎麦を食べに行こうかと思っています。
予報通り好天なら良いのですが、どうなるでしょうか?
  1. 2013/11/16(土) 22:16:48|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今年50回目のジテ通

2013年11月14日(木)

■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:今年50回目のジテ通

■走行データ:アパート → R17小千谷セブン → 会社 → アパート

  ※走行記録
        Dst:40.56km Tm:2:12' Av:18.5km Mx:32.1km



10日に娘の婚礼を終え、11日の午後に長岡へ戻りました。
戻る途中関越道では月夜野当たりからちらちらと雪が舞い始め、関越トンネルを抜けると湯沢エリアは吹雪となっていました。
外気温も丁度0℃で、路肩は2~3cm程度の積雪となっていました。
ほかの車は殆ど夏タイヤのままの様で、走行車線を50km/h程度の速度で走行しています。
私の車は今回の帰宅の際にスタッドレスタイヤへ交換しておいたため、安全に走ることができました。
小出を過ぎたあたりで雪も弱まりましたが、私が走行した1時間程度あとには月夜野ICと湯沢ICの間がしばらく通行止めとなりましたので、良いタイミングで戻ることができラッキーでした。


■ 雪の関越道
P1070656.jpg
関越トンネルを出て、湯沢ICへ下るあたりの道路状況です。
私の車は90km/h程度の速度ですが、夏タイヤのほかの車は50km/h程度で走行しています。

P1070658.jpg
路肩の様子です。
道路の脇の木々もすっかり雪化粧です。


■ 六日町市街
P1070672.jpg
途中のスーパーで買い物のため、高速をおりてR17を走行しました。
塩沢では国道脇のガソリンスタンドに停車中の車に、雪が積もり始めていました。

P1070673.jpg
六日町のスーパー(原信)へ立ち寄りましたが、駐車した時点で私のレガシーもこの通り雪が付着しています。


こんな具合に11日に初雪が降りました。
12,13日も長岡、小千谷でも雪やみぞれ交じりの雨が2日間続きました。
朝の外気温(通勤時の6:30過ぎ)は0~2℃程度でした。
帰宅するとアパートの室温は7℃程度まで下がっていました。
ほんの2ヶ月前には、帰宅した際の室温は35℃なんてことも多かったので、この寒さはジジイには堪えます。
ファンヒータをONして、熱燗を一献酌んで身体が温まらないと何もする気がしません。

いよいよ中越地区は雪の前の長雨の時期に入ったようです。
こちらでは本格的に雪が降り始める前に梅雨のような(梅雨より雨量も降雨日も長いですが)長雨の期間が続きます。
みぞれが混ざったり、一時的に雪降ったりしながら本格的な雪へと変わってゆきます。
1年で最も憂鬱な時期です。
幸い13日には雨も止み、予報では気温も昨日までより5℃程度気温が上がりそうです。
この日、今年通算50回目のジテ通を実施しました。

通勤には、1号車ミニベロ号を使っています。
今年1年もこのバイクにはお世話になりました。
今朝は厚手のブルゾンと、下は保温効果の高い内生地付きのウインドウブレーカをズボンの上に着込みます。
冬用のパールイズミ製グローブも着用し、万全の寒さ対策で出発です。
尚、ステンレス保温ボトルに温めたウーロン茶を入れてあります。


■ 長生橋
P1070696.jpg
いつもの長生橋西詰めから土手道へ入ります。
時刻は5:47です。
気温は3℃でさすがに寒いです。
4時頃まで強い雨が降っていたため、路面は完全にウェットであちこちに水溜まりも残っています。


■ 夜明け前
P1070698.jpg
長生橋から土手道へ入ります。
雲間から日の出の兆しが見えます。


■ 山並み
P1070701.jpg
信濃川沿いの山並みには、11日に降った初雪の名残が望めます。
やはり山には雪景色が似合います。


■ 東屋横の遊歩道
P1070702.jpg
いつもの越路河川公園の東屋手前の土手道です。
ここの東屋にも、今年一年お世話になりました。
桜も綺麗に紅葉し落葉しています。

P1070706.jpg
雪が降り始めると除雪されないため、この道も来年3月迄走ることはできません。


■ 越の大橋
P1070707.jpg
R351を越の大橋西詰め交差点で右折しR17を小千谷方面へ向かいます。


■ セブンイレブンのコーヒー
P1070709.jpg
朝のコーヒーを飲むために遠回りして立ち寄るR17沿いのセブンで、この日も¥100のホットコーヒーを飲みます。

P1070711.jpg
この安くて旨いコーヒーも今年はずいぶん飲んだものです。
恐らく100杯くらいは飲んだのではと思います。
お陰でスタバ率は激減しました。


■ 田んぼのあぜ道
P1070715.jpg
米の収穫も終わり、その後来年に向け土壌維持のための肥料も散布された水田もしばらくすると雪に覆われます。


■ 会社到着
P1070716.jpg
指定の自転車置き場は会社周囲の道路沿いにありますが、人の目の届かない場所にあるため私は敷地内の安全な場所に自転車を置かしてもらっています。




天候の推移次第ですが、年内にはもう何度もジテ通はできません。
あと5回ぐらいはと思いますが、どうなることでしょうか。
ジテ通の実績は、一昨年23回(最終は11/4)、昨年は僅か13回(最終は12/3)に留まりました。

今年は不況のせいもあり頻度が高まりました。
過去最多となった今年のジテ通ですが、11/14で50回目となりました。
往復平均40km程度ですから、通勤だけで約2,000km走行したことになります。
断腸亭さんには遠く及びませんが地域性や気象条件を考えると、まずまずの実績ではと思っています。
アンチエイジングと血糖値低下にも貢献しているはずです。
さて来年はいつ頃から、ジテ通開始出来ますことやら。
こればかりは天に任せるしかありませんね。
  1. 2013/11/15(金) 21:12:18|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

娘の婚礼

2013年11月10日

今日は娘の婚礼です。
9:30からの挙式なので、朝から忙しい1日でした。
好天とはなりませんでしたが、雨は降らなかったことが幸いでした。
又、長男もカメラマン、新婦のエスコートなどで活躍してくれ、親父として別の嬉しさも感じられた婚礼でした。


■ 式場
P1070607.jpg
9:30からの挙式なので、朝7:00に車で娘とワイフを式場へ送りました。
私のタキシードも持ち込みます。

P1070610.jpg
正面ゲートから式場へ向かいます。

P1070625.jpg
式場の建物です。
大きくはありませんがシックで雰囲気の良い作りです。

P1070630.jpg
既にウエルカムボードが用意されていました。
私は一旦自宅へ車を置きに戻り、再び徒歩(25分)で式場へ向かいます。


■ 挙式リハーサル
P1070633.jpg
9:00過ぎから、親族紹介と挙式のリハーサルです。
私もバージンロードを娘と歩くのでちょっと緊張しました。


■ ロビー
P1070635.jpg
9:30からの式ですが9:00すぎに参列いただく皆さんが到着し始めます。


■ 挙式開始
DSCF1256-1.jpg
いよいよ結婚式の本番です。
娘とバージンロードを歩きます。
娘との今までの邂逅が脳裏をよぎりました。


■ 挙式
DSCF1260.jpg
神父様の采配で挙式が進行します。

DSCF1270.jpg
挙式が終了し新郎新婦が退場します。


■ フラワーシャワーとブーケ投げ
DSCF1279.jpg
挙式の後は、建物の外でライスシャワーならぬフラワーシャワーと慣例のブーケ投げです。

P1020534.jpg
ブーケは新婦の友人(独身)の女性が見事にゲットしました。


■ 披露宴
DSCF1284.jpg
新郎新婦が披露宴会場へ入場し披露宴が始まりました。

DSCF1300.jpg
新郎新婦が着席します。
娘も幸せそうです。


■ ケーキ入刀
P1020560.jpg
いくつかのアトラクションの後、ケーキに入刀です。


■ フレンチフルコース
食事はフレンチのフルコースで、量は多くなかったですがいずれも旨く、コース終了時では結構お腹が一杯でデザートのケーキまで完食できませんでした。

●海老料理
P1020569.jpg

●魚料理
P1020572.jpg

●肉料理
P1020585.jpg

●デザート
P1020598.jpg

これ以外にも数種類の料理がありましたが、全ては撮影できませんでした。
美味しいフレンチだったので、参列いただいた皆さんも喜んでくれたようで一安心です。



ビールやワインを少しずつ飲みましたが、披露宴終了時に少々具合が悪くなり(ワイフに言わせれば単に飲みすぎとのこと)、参列頂いた皆さんのお見送りができないという失態を演じてしまいました。
これで又、ワイフの評価を落としてしまった様ですが、親ばかかもしれませんがとても良い挙式と披露宴でした。

新郎新婦はこの後、2次会3次会あがあるとのことで次の会場へ出かけてゆきました。
これで無事婚礼も終わり娘の新生活のスタートとなりました。
新郎とともに幸せな家庭を築いてくれることを祈るばかりです。
  1. 2013/11/11(月) 00:00:16|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

小名浜ポタ & 自転車練習

2013年11月08日(金)


■使用車:4号車オールド号(OLD DAHON)

■概要:空き時間に常総市の小名浜へランチポタ

■走行データ:自宅→日本庭園/あけぼの山→新大利根橋→ジョイフル本田→水海道駅→ふくおか橋→小名浜→サンタムール前通過→戸頭クーロンヌ→江戸取高校→利根川土手道→新大利根橋→自宅

※ランチ:小名浜(ばらちらし御膳)

※走行記録
        Dst:56.80km Tm:3:19' Av:17.1km Mx:41.1km

日曜日に娘の婚礼を控え、今週は準備のため木曜晩に帰宅しました。
最初からの目論見ですが、空き時間を有効利用して金曜日には水海道の『小名浜』へ行き3度目のランチを取ってきました。
今回の相棒はこのところ出番が増えてきた4号車オールド号です。

ブログの写真容量が2から5MBへ拡大されたので、今日から写真サイズもちょっと大きくしてみました。



■ オールド号
P1070412.jpg
先日の内房ポタから本格的に走行距離が延び始めたオールド号です。


■ 日本庭園
P1070414.jpg
あけぼの山手前の日本庭園を久々に訪ねてみました。
相変わらず綺麗に整備されています。
ここも紅葉の頃には撮影ポイントになりそうです。


■ あけぼの山
P1070417.jpg
コスモスが終わって、花畑は丸裸で寒々とした風景でした。
次には何が植えられるのでしょうか。
但し、まだ9時過ぎですが日差しが強まり、着ていた薄手のダウンブルゾンを早くも脱ぎました。


■ 新大利根橋
P1070418.jpg
新大戸根橋の南詰めです。
ここを渡って茨城へ入ります。


■ 関東鉄道操車場
P1070420.jpg
『小名浜』の開店時刻11:00まで少し時間があたので、とりあえず水海道駅を目指して走りました。
途中に操車場があり、新旧様々な関東鉄道の車両が確認できました。
そういえば以前は、写真の肌色とオレンジの2トーンの車両だけだったですね。


■ 水海道駅
P1070422.jpg
水海道駅に到着です。
残念ながら、特別に興味深いものもありません。


■ 案内板
P1070421.jpg
駅の案内板を見ると、小貝川まですぐに出られそうです。
時間があるのでちょっと小貝川CRまで行こうと決めました。


■ 東屋
P1070423.jpg
大和橋手前に夏の兄とのポタの際に利用した東屋があります。
一休みしてさらに上流側へ向かいます。


■ ふくおか橋
P1070427.jpg
福岡堰先のふくおか橋のところでUターンです。


■ 河原のすすき
P1070431.jpg
河原のすすきに日が当たって綺麗です。
風景はすっかり秋から初冬へ移ってきています。


■ 小名浜到着
P1070432.jpg
開店時刻の11:00丁度に『小名浜』へ到着です。
さて今日は何を頂きましょうか?


■ ばらちらし御膳
P1070435.jpg
今日は、先日Gibsonさんも気になると仰っていたランチサービスの“ばらちらし御膳”をオーダーです。
例によって大盛り酢飯の上に美味しい沢庵の千切りと細かく裁断された卵焼きが振りかけられており、その上にちょっと大ぶりな様々な刺身が乗っています。
又、ネギトロ(ネギは入っていないのでトロ)が4つの山になって配置されており、この旨さ新鮮さは格別です。
これに大ぶりな海老を含む天ぷら1皿、茶碗蒸しと味噌汁が付いて¥1,500-とリーズナブルな値段で大満足です。

P1070434.jpg
今日は1人での訪問だったので、カウンターで板前さんと話しながら頂きました。
カウンターには旨そうな焼酎も並んでおり、今度は夜に輪行ででも訪問したいものです。
今日もお腹一杯になりました。
ごちそうさまでした。


■ サンタムール
P1070436.jpg
デザートにGibsonさんお薦めの栗のクレープを食べる予定でしたが、小名浜の盛りの良さでお腹が一杯であったため、店の前を素通りです。
今度、腹が一杯でない時に再訪することにしましょう。


■ クーロンヌ
P1070438.jpg
戸頭のクーロンで、土産のキャラメルラスク、カレーパンなどを購入しました。


■ 江戸取高校
P1070440.jpg
腹ごなしに県道を江戸取高校の前まで走り、利根川の土手道へ出ます。


■ 利根川土手道
P1070442.jpg
土手上の路を新大戸根橋方向へ向かいますが、結構な向かい風が吹いており良い腹ごなしになりました。
午後からは“でべそ”との自転車練習の約束と所要があり、今日の走行は13:00で終了です。



※オマケ “でべそ”の自転車練習
ランチポタから戻り、所要を済ませて久しぶりの“でべそ”の自転車練習です。
やはり私のいない間、練習はほとんどしていなかったようです。
しかし、前回は5〜6km/h程度の走行速度だったのが、最後にはその倍ほどの速度で走行できるようになり、練習のたびに上達してゆきます。


■ 最高速度
P1070513.jpg
時速12〜13km/hで走れるようになり、もう徒歩ではついて行けません。
この写真もちょっと流し撮りになっています。



このところすっかりご無沙汰の5号車で手賀サイでも走りたいところでしたが、今日のところはは断念です。
天気が良いので勿体ないですが致し方ありません。
  1. 2013/11/09(土) 23:41:49|
  2. 柏(千葉)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

リハビリに温泉ポタ

2013年11月03日(日)

■使用車:1号車ミニベロ号(RSS)

■概要:足腰が痛いので立ち寄り温泉へ行ってきた。

■走行データ:アパート → 小千谷 → 越後川口駅 → R17道の駅「越後川口」→ 越後川口温泉
         → とんかつ太郎(小千谷)→ 原信 → アパート

※ランチ:とんかつ太郎(ミックスA定食)
※立ち寄り温泉:“えちご川口温泉”
※走行記録   
         Dst:57.14km Tm:3:02' Av:18.8km Mx:54.1km



今週は月曜から水曜までの3日間、長岡技大/山田研究室の今年度実験装置の組み立て調整作業を実施しました。
これはFESS(Flywheel Energy Storage System:フライホイールエネルギー貯蔵放出装置)という機械で、風力発電機などの自然エネルギー利用発電装置の余剰電力でモータを回し、それをフライホイール(以下FW)に回転(運動)エネルギーとして蓄え、発電機が所定量の発電ができない(風が弱くて風力発電量が不足)場合に、逆に蓄えたFWの回転エネルギーを利用してモータを発電機として使用(回生)して電力を補う装置です。
既にNEDOにより、波照間島(日本の住民が住む最南端の島)において、8基のテストプラントが風力発電機とともに5年前から稼働中です。

まあ早い話が電池の代替装置です。
電池は電気エネルギーを蓄えるのですが、これは運動エネルギーを蓄えるわけです。
電池より変換効率が良いことが特徴です。
但し、回転の際の風損(空気抵抗による損失)が多いので、FWは空気抵抗のない真空中で回転させます。
よって、FWは真空容器の中で機械損失だけが大きな回転阻害要因となって回り続けるわけです。
昨年製作した3号機では、モータは空気中、FWは真空中ですから真空シールに磁性流体シールを使用しました。
これは到達最高真空度が250Pa程度でしたが、直径1,000mm(要は1M)厚さ65mm質量400kgのFWは3,400[min-1]回転からのフリーランで6時間程度回転し続けまします。
尚、昨年モデルは定格の3,400(min-1)で丁度3MJのエネルギーを貯蔵でき、このエネルギー量は、ほぼ平均的な4人世帯の1日の平均使用電力に相当します。

今年は昨年製作した3号機を改造し、貯蔵エネルギーは3MJを維持しつつ、FWを均一厚みのディスク状から、外形側に厚みを持たせた効率の高い回転体形状とし(外径は同じ、最大部厚み100mm質量428kg)定格回転数を2,900[min-1]に減ずること、モータの回転力伝達にマグネットカップリングを使用し、FW側ケーシングを完全真空容器として更に真空度を完全真空近くまで高めて風損を減少することが目的です。

尚、回転テストはまだですが、到達真空度は50Mpを切りましたのでほぼ完全真空に近づきました。

■工事現場風景
これは長岡技大の大型研究開発棟という建物の中で、ここには5tクレーンがあるため、会社で改造するより楽です。

P1070322.jpg
FWが入れ替わりました。
M2(修士2年)のS君、H君、それからM1の自身がポテンシャルエネルギーをタップリ溜め込んだY君(自転車に乗ることを薦めています)の3名が担当で、この装置を使って論文を書きます。
工事の際には私のテコマイです。

P1070332.jpg
これは、FW側上部のマグネットカップリングです。

P1070339.jpg
上部ケーシングを真空グリース併用で取り付けると、カップリングが最上部に見えます。

P1070340.jpg
そこに7075製(実はこの材質にちょっと問題があり、最終的にSUS303製へ変更する予定)の遮蔽板を被せて、FWケーシングを密閉します。

P1070343.jpg
上部に駆動側マグネットカップリングを取り付けたモータを装着し出来上がりです。

ここまでの話はemoさんにしか理解してもらえないかな?


で何が言いたいのかですが、この工事のおかげで足腰、特に腰が痛くなってしまいました。

日曜の朝になっても腰の痛みが抜けません。
今日は、夕方から雨の予報が出ていましたが、どこかの立ち寄り湯へ行ってゆっくり温泉に入ろうと考えました。
先週テガさんと入った十日町のキナーレ『明石の湯』でも良かったのですが、露天風呂のある無色透明でなく、いかにも腰によさそうな温泉に入りかったので、越後川口の立ち寄り温泉『えちご川口温泉』へ出かけました。

<えちご川口温泉の特徴>
●泉質:ナトリウム-塩化物強温泉(弱アルカリ性高張性高温泉)●一般的適応症:神経痛、筋肉痛、肩こり、うちみ、冷え症、疲労回復、健康増進など●泉質別適応症:慢性皮膚病、慢性婦人病、やけど、きりきずなど●泉温:54.3度温泉成分は非常に多く、中でもヨウ化物イオンの含有量は23.9mgと非常に高い温泉です。

筋肉痛、肩こり、疲労回復に利くとのことなので、少しは楽になれるか期待を込めて訪問です。



■ ミニベロ号
P1070366.jpg
午後からは雨の可能性ありとのことで、今日も1号車ミニベロ号で出撃です。


■ 船番所
P1070370.jpg
信濃川を渡るR17『越の大橋』のたもとの船番所で休憩しました。
このあたりの紅葉も大分進んできました。



■ 越後川口駅
P1070373.jpg
先週の十日町からの輪行の際、飯山線から上越線へ乗り換えた越後川口駅です。


■ ここにも錦鯉
P1070374.jpg
駅入り口の左側に、タイルで錦鯉が表現されていました。
なかなか綺麗な出来です。


■ R17を左折
P1070375.jpg
道の駅越後川口(あぐりの里)の交差点を左折し山の上を目指します。
ここからは、2kmほど結構な急坂を登らなければなりません。


■ えちご川口温泉
P1070378.jpg
上り坂を頑張って登ると温泉へ到着です。
ホテルと並んでいます。

P1070379.jpg
建物もなかなか立派です。
これは期待できるかな。


■ ロビーからの風景
P1070382.jpg
ロビーの奥側に信濃川方向の景観が眺められるガラス張りのビューポイントがあります。
なかなかの絶景です。


■ 土産物
P1070386.jpg
大きなガラス窓の左には、地元の朝採り野菜や名産物の販売コーナーがあります。
野菜は新鮮そうで安く、土産物の食品も独特なものが多いようです。


■ 風呂までの通路
P1070384.jpg
風呂までの通路(曲がり角4か所で展示通路3本)には、写真や絵画が作者名入りで50枚ほど展示されています。
見事な写真が多数ありました。


■ 風呂
P1070383.jpg
風呂の中は撮影できないので暖簾だけ撮影しました。
内湯は2浴槽の通常の浴槽以外に、小さな特徴のある浴槽が4つほど、サウナもありました。
内湯は無色透明です。
なかなか綺麗で良い施設です。
今日の目的は源泉かけ流しの露天風呂なので、まずは外の露天風呂へ入ります。
先ほどのロビーからと同様に、信濃川の風景が広大に広がりなかなかの絶景です。
但し、景観が良い大きな露天風呂は源泉かけ流しではなく、湯温も41℃くらいで私にはぬるくてNGです。
建物側の茶色に濁った小さな方が源泉かけ流しの風呂です。
湯温も43℃程度で快適至極。
結局、途中外のベンチで体を冷やしながら、2時間程度温泉を堪能しました。
心持ち腰の痛みも和らいできました。
上がろうと思って屋内風呂を除くと、なにやら『電気風呂』なる浅い浴槽があります。
余り長湯はするな、金属は身に着けてはいけない等注意書きが沢山あります。
これは入らなきゃと挑戦しました。
この浴槽は対辺との距離3M程度の八角形で一つおきの辺に電気パルス発生器が配置されています。(また、emoさんにしか理解してもらえないかな?)
入浴すると、丁度エレパルスをはっているように、ピリピリとした電気的な刺激を感じます。
一定の出力波形でなく、強弱があったり、トントンとたたかれているようなモードもあり腰によさそう。
結局この浴槽にも20分ほど浸かってしまいました。
腰の具合はさらに良化した様な気分です。


■ 風呂上がりの牛乳
P1070385.jpg
温泉からあがったら、牛乳ですよね。
これはメグミルクの自販機ですが、昔の様にガラス瓶入りはありませんが、似て非なる形状のプラボトル入り白牛乳を飲みました。
気のせいか、パック入り牛乳より旨いような。


■ 温泉からの下り坂
P1070389.jpg
登りは結構きつかったので、ご褒美の下りです。
道の駅越後川口の交差点まで約2kmの下ります。
コーナーが頭に入っていないため、そこそこしか頑張りませんでしたが、軽く50kmを上回るスピードが出ました。


■ 道の駅越後川口
P1070390.jpg
坂を下るとR17の交差点に道の駅越後川口があります。
ここにも地元産の新鮮な野菜などを販売していますが、残念ながらこちらで1人暮らしの自分には量が多すぎるため、買ったことはありません。


■ ミックスA定食
P1070391.jpg
小千谷のとんかつ太郎でいつもの「ミックスA定食」のランチです。
あらら、ちょっとエビフライが小ぶりになったかな。
味噌汁はいつものように不味くはなかったので、良しとしましょう。
いつもながら、ヒレカツとエビフライは旨かったです。


その後、小千谷の原信で、明日のとん汁用の豚バラと今夜のガーリックトースト用のパンとガーリックマーガリンを仕込んで帰宅です。

するとあらら、予報では夜18:00頃から雨の予報だったんですがまだ14:30なのにパラパラと雨が降り始めました。
雨雲と競争でアパートへ戻りました。
帰宅して30分ほどで本格的な雨降りとなりましたので、ラッキーだったですね。
今日は温泉を堪能し腰の痛みも若干和らぎ、風邪気味だったのもすっ飛んでしまったようで、立ち寄り温泉訪問は大正解でした。
良い温泉だったので、また行かなくちゃですね。
  1. 2013/11/03(日) 19:10:30|
  2. 長岡(新潟)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (99)
ツーリング&ポタリング (142)
柏(千葉) (95)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (45)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR