Pleasure of a life

Master-X用SP製作(追加工)

5号車のコルナゴは愛車紹介にも書きましたが、若干質量的には問題があっても自分のお気に入りパーツで組み上げたいとの願望がありました。
既製品になければ、自分で作ってしまおうというというスタンスです。
まず1つ目がシートポストです。
ベースはカンパ・コーラスの古いエアロタイプです。
これにコルナゴのマークスリットを追加工し、ペイント埋めを施そうという目論見です。
ついでに、若干の肉落としによる軽量化も狙いました。
製作と言っても単なる追加工ですが、計画から完成まで1年以上かかってしまいました。


■まずはCADで図面を書きます
01図面


■つづいて磨きます
04まずは磨き


■小物部品も肉盗みと磨き
05小物も肉盗みと磨き
サドルレールを挟み込む部品も肉盗みと、なんだかうすら汚い表面状態なので磨きます。


■フライス盤でスリット加工
06フライス盤でスリット加工
この加工は、手持ちの模型用小型フライス盤では加工不可能で会社のフライス盤で加工しました。


■コルナゴマーク手掘り開始
07コルナゴマーク手掘り
模型用ルータでコルナゴのスペードマークを手掘りします。

■マーク加工途中
08手掘り途中
この作業はなかなか手強く、SPのアルミ材も2017、5052、6061、(製造時代的に7075ではないと思いますが)なのか不明ですが、良いT6処理が施されている様で結構硬く加工しづらいです。カンパなかなかやるじゃんという感じです。

■マーク手掘り完了
09加工完了


■ペイント埋め
10ペイント埋め
ハンブローのエナメル塗料を埋め込みますが、手持ちにグリーンがなくそれだけタミヤ・パクトラを使用します。しかし、このグリーンが後で剥がれます。やはり、ハンブローの方が適している様です。

■ペイント埋め完了
11完成


■質量も243gから215gへ僅かに軽量化
12少し軽量化


■実車へ取り付け
13実車装着


■コルナゴマークも遠目にはOK?
14コルナゴマークもOK


但し、現在ジルベルソーのサドルバッグを取り付けたら、固定バンドであまりよく見えないという笑っちゃう状態です。
計画からの工数を考えたら、労多くしてというところですが、世界に1個だけのワンオフパーツなのでいたし方ありません。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/19(日) 15:39:11|
  2. 自転車いじり&工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Master-X用Cr-Moラグステム製作(追加工) | ホーム | 今年2回目の小松塾>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adversewind.blog.fc2.com/tb.php/20-ec222ce3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (94)
ツーリング&ポタリング (139)
柏(千葉) (92)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (45)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR