FC2ブログ

Pleasure of a life

10月の覚書

10月の覚書



2020年10月 31日(土) 



10月に入り秋らしい陽気となり、このところの朝晩は寒いくらいになりましたね。
相変わらずのコロナ禍のため今月も大きなイベントなどはありませんが、月初にお仲間数人と久々に自転車活動を楽しみました。

休日は家の中で過ごす時間が多く、FM放送を聴くこととTVを見る機会が多いです。
本当はアナログディスクでJazzをじっくり楽しみたいところですが、書斎ではCDしか聴くことができないので我慢です。
TV観戦するF1も既に12戦が終了しましたが相変わらずメルセデスがずば抜けて速く、先週のポルトガルGPでもワンツウフィニッシュを飾りました。
ハミルトンの7回目のドライバーズチャンピオン確定もまじかとなり、それに加えて92回目の優勝を飾り絶対に破られることはないと思われていたシューマッハの91回の優勝回数を上回り、新記録を樹立しました。
近年レース開催回数が年間16戦から20戦以上に増え10年前とは状況は違いますが、ハミルトンもずば抜けたF1ドライバーであることが証明されました。
彼は現在35歳ですが当分トップドライバーとして活躍が続くと思われ、それこそ彼の優勝回数を上回るドライバーは今後出てこないような気がします。

ライフワークであるモデルカー製作も、継続する右目の不調もあって進捗は悪いままでした。
それでも現在製作中のFerrari 735LMは、ようやく3年がかりでボディフォルムの修正に目途が立ちました。
但し目論んでいた年内完成はあきらめざるを得ない状況です。
いつになったら完成するやらですね。
また近々に仕事をリタイヤし正真正銘の『ご隠居』になる予定ですが、そうなったらモデルカー製作を活性化するつもりです。
なんせライフワークですから頑張らねばなりませんね。
但し、本来視力が良好でないと出来ない精密な作業ばかりなので、感を頼りにいつまで製作できるかは心配で堪りません。
未着手のキットも20台以上あるので、1年で1台製作できたとしても20年以上かかってしまうので、リタイヤしたら製作ピッチを上げなくてはいけません。
それから楽しみにしていたホビーフォーラムもコロナの影響で中止となりました。
ヒラバヤシさんなどトップモデラーの作品を直接拝めないことが何とも残念です。

隠居は良いのですが支給される年金だけでは、憲法で保障されている『健康で文化的な生活』を送ることなど不可能なので、生活リソースをどうするかという大きな不安を抱えることにもなりました。
自業自得とは言え、いつまでたっても楽をすることは出来そうにありませんね。

また来月初旬にはワイフが20年以上に渡り患っていた股関節の手術を受けることになりました。
手術自体も大掛かりですが当初のリハビリを含め3週間程度入院が必要とのことで、横着な私としては彼女が不在中の家庭生活にも支障が生じそうで気掛かりです。
それでも退院すれば、永年苦しんだ身体の不具合と痛みから解放されるはずなので楽しみではあります。




■10月度走行データ
車体名称              型式         走行距離[km]
1号車ミニベロ号     Raleigh Small Sport       154.29
2号車ウノ号         Calamita UNO         0
3号車エクセラ号    ARAYA Excella Sportif         0
4号車マスター号    Colnago Master-X Light        0
全車合計                          154.29
目標走行距離                        600
単月差異                          -445.71


■ 2020年累積走行距離(年間走行目標距離:6,000km)
月度   目標走行距離[km]  実績走行距離[km]  差異[km]
1月       300        202.25       -97.75
2月       300        154.61      -145.39
3月       400         56.08      -343.92
4月       500        177.81      -322.19
5月       500        186.90      -313.10
6月       400         59.84      -340.16
7月       700         76.12      -623.60
8月       600        110.96      -489.04
9月       600         60.13       -539.87
10月       600        154.29      -445.71
11月       600
12月       500
累計      6,000       1,239.27     -3,660.73


■ 今月のメンテ・改造実績など自転車ネタ
10/18:ミニベロ号のリアブレーキワイヤー交換とブレーキ調整実施
10/30:ミニベロ号のSISシフトレバーとシフトワイヤー交換実施



■トピックス
①10/2(金) ホンダが2021年限りでのF1撤退を発表
2015年からPUサプライヤーとして4回目のF1参戦しているホンダですが、来年を最後に撤退することを発表しました。
レッドブルとの協業で昨年には再参入後の初優勝も遂げ、今年はチャンピオンを狙うと豪語していました。
ところがレッドブルシャシーのピーキーな操縦性と、メルセデスよりパワー、ソフトマネジメントで劣るホンダPU(パワーユニット:現在はハイブリッドカーなのでエンジンとは呼ばない)のコンビネーションで今期はわずか1勝しかできないばかりか、相変わらずメルセデスの速さについてゆくことも叶いません。
尚、同じPUを搭載する兄弟チームのアルファタウリもガスリーによって1勝しましたが、多分にタナボタ的な勝利でした。
ホンダは訳の解らない撤退理由を公表しましたが、やはり撤退の真因は勝てないことかと私は推測してしまいます。
今回の撤退発表は全世界的に悪評であり再び参戦したいと考えても、FIAをはじめとする関連組織が拒否するのではとの見解も関係各所から聞かれます。
それほどホンダの撤退表明は、唐突且つ納得性の低いことであると認識します。
1986年から6年連続となるウイリアムズ・ホンダで2回、マクラーレン・ホンダで4回のコンストラクターズワールドチャンピオン獲得した事が夢の様です。
1964年のフル参戦から50年以上が経過しましたが、F1フリークとしては何とも寂しい限りです。
201001.jpg

201002.jpg

201003.jpg



②10/3(土) 輪友達とランチから祖光院へ
輪友のkincyanさん、テガさんと豊四季の劉で集合し、ランチの後少し走ろうという企画を持ちました。
ランチの途中で劉の常連でもあるNOBさんも合流され、食後は彼の提案で常盤台の祖光院へ彼岸花(曼殊沙華)を鑑賞に行くことになりました。
現地へ到着するとワンチャンさんとも出会い、総勢5人での彼岸花鑑賞となりました。
ここはかなり広大な敷地に満開で、まさに彼岸花畑という様相で素晴しいものでした。
予定していなかった輪友とも会うことができて嬉しい1日となりました。
201004.jpg

201005.jpg

201006.jpg



③10/10(日)F1第11戦 ドイツGP
先週ホンダが2021年をもってF1からの撤退を発表し世界中に衝撃が走りました。
今週はアイフェルGPと銘打ったドイツのニュルブルクリンクでのF1開催です。
濃霧のためメディカルヘリコプターの視界確保が困難とのことで、金曜日のP1,P2共にキャンセルとなる波乱の幕開けでした。
ここでもメルセデスの強さは変わらず、ハミルトンの優勝で終わりました。
それでもチームメイトのボッタスは珍しくリタイヤとなり、フェルスタッペンが2位、3位には久しぶりの表彰台となったルノーのリカルドが入賞しました。
201007.jpg

201008.jpg

201009.jpg



④10/11(日) モデルカーはボディフォルム修正が佳境
現在製作中(10年越し)のモデルカーFerarri735LMですが、ネット上のデータからキットのままであると全長とホイルベースが短かいことが判明しました。
これが何となくリアエンド側に寸詰まり感をもたらす原因であったと解かりました。
そこで各々を延長してフォルムを確認しました。
なかなか良い状態になりましたが、この処置に併せてリアホィールアーチも後ろにずらさないといけません。
またまたパテを盛らなくてはならず、とにかく手間暇がかかることこの上なしです。
それから洋白製の自作フェールリッドもようやく仕上がりました。
まだまだ製作しなくてはならない部品は難易度に差がありますが20種類くらいあります。
また自身の製作モチベーションを上げるため、別途 “■今月の43モデルカー” のページを加えました。
201010(容量大で要修正)

201011.jpg

201012.jpg



⑤ 10/17(日) レバニラ炒めを作る
この日、ワイフの仕事は夜のシフトでした。
これは週に1~2回あり、いつもはワイフが夕食を事前に準備してくれています。
偶には料理でもするかと思い、レバニラ炒めを作ってみました。
ワイフはレバー、モツなどが嫌いなので普段食卓には上がることは少ないです。(モツは皆無)
スーパーに行くと旨そうな豚レバーのブロックが手に入ったので、気合を入れて作ることにしました。
まずは切り出したレバーをスライスしたニンニクを加えた紹興酒に3時間ほど漬け込みました。
その後片栗粉をまぶして素揚げにしてから、刻み生姜と劉の辣油を隠し味にした塩味で炒めました。
これが何とも美味しく大満足の夕餉となり作った甲斐がありました。
尚、調理中の写真は撮り損ねたため完成後の画像のみです。
201014.jpg

201015.jpg



⑥ 10/18(日) あけぼの山のコスモス(その1)
輪友のFB情報で、あけぼの山のコスモスが咲きそろってきたことを知りました。
コロナの影響で4月に綺麗に咲いていたチューリップが唐突に伐採されて以降風車前の花畑は空っぽの状態が続いていました。
久々の花畑ということで訪問しましたが、満開までは達していないことと天候が悪く花の色が映えない状況でいまひとつでした。
それでも久々の花畑に心癒されました。
201016.jpg

201017.jpg

201018.jpg



⑦ 10/25(日) あけぼの山のコスモス(その2)
この日は朝から雲一つない素晴しい天候となりました。
朝一番で先週のリベンジとばかりに再びあけぼの山を訪問しました。
天気が良いこともあって、いよいよ満開となった綺麗なコスモスを満喫することができました。
朝8時頃でしたが人出も多かったです。
201019.jpg

201020.jpg

201021.jpg



⑧ 10/25(日) F1第12戦 ポルトガルGP
コロナの蔓延で大幅に開幕が遅れたF1も12戦目を迎えました。
スタート直後は若干の混乱と順位変動がありましたが、終わってみれば今回もメルセデスの2人がいつものようにワンツウフィニッシュとなりました。
ハミルトンのドライバーズタイトルもメルセデスのコンストラクターズ(製造者)タイトルも、次レースあたりで決まりそうです。
疲れていたこともありますが、人生で初めてF1中継を見ながらうたた寝をしてしまいました。
メルセデス勢が強すぎるため、チーム間のトップ争いのない退屈なシーズンということでしょうか。
それでも近年まれにみる絶不調から脱却しつつあるフェラーリは、ルクレールが久々に4位に入賞しました。
201022.jpg

201023.jpg

201024.jpg



⑨ 10/31(土) 病院偵察から劉ランチ
月末最終日ですが自転車を漕いでいることが気持ちの良い好天となりました。
ワイフの入院に備えて、病院を訪問し外観だけですが観察してきました。
来月4日の入院の際には車でワイフを連れて行くことになりますので事前の偵察です。
その後、劉へ回り裏メニューの「ニラレバ四川麺」でランチとしました。
だいぶ涼しくなってきたので、熱くて辛い中華麺がより旨く感じられます。
最後におおたかの森の「サフラン」に立ち寄り、夕食用に美味しいパンを仕入れてきました。
201025.jpg

201026.jpg

201027.jpg





■今月の43モデルカー

● Ferrari 735LM 55’(仏プロバンス・ムラージュ製レジンモデル)に製作
10年ほど前から製作開始した仏プロバンス・ムラージュのFerrari 735LMを相変わらず煽っています。
ようやくボディフォルムの修正には目途が立ちました。
とにかく55年のルマンに出場した3台もマシンの正確な画像が少なく、またその後にこのマシンに似せて改造されたMonzaや121の画像が目くらましの様にネット上に氾濫しているため、正しい情報の取捨選択だけで数年かかってしまいました。
最近ようやくルマンに出場した実車のフォルムを自分なりにほぼ把握することができました。
怪情報に翻弄された結果パテ盛り修正は数十回に及びましたが、ようやくゴールが見えてきました。
とはいえ、まだ加工しなくてはならない様々な部品が多数あるため年内の完成は諦めました。

※またまたリアエンドをパテ盛りしました。
201051.jpg

※ホイールアーチ全体も後方へずらさないといけません。
201052.jpg

※ホイールベース寸法はOKです。

※本番用ボシカのホイールが痛むのを防止するため、仮組用のダミータイヤセットを本番と同サイズで用意しました。
201054.jpg

※フェールリッドのブランクにも手を付けました。
201055.jpg

※ロック穴を最終サイズφ0.7に拡大しました。
201056.jpg

※外形修正が終わったブツをピンバイスで保持します。
201057.jpg

※これをピカールを用いてバフで磨きます・
201058.jpg

※ピッカピカのフェールリッドが暫定的に完成しましたが、ヒンジ側、取っ手側の凸部がまだ若干大きいような気もします。
 いずれにせよ取付までに曇らないようにクリアー掛けしておく必要がありますね。
201059.jpg






スポンサーサイト



  1. 2020/10/31(土) 15:24:08|
  2. 覚書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<久しぶりの小名浜ランチ | ホーム | 劉ランチから彼岸花ポタリング>>

コメント

こんばんは。そろそろリタイヤですか。長い間お疲れ様で
した。
これからは無理をしないポタと節制で病気が悪化しないよ
うがんばりましょう。少しカロリーダウンも。
ようやく大井ふ頭も活気が戻ってきました。若い人が集団
でかっ飛ばしているのは見ているだけでもエネルギーを貰
えそうで爽快になります。



  1. 2020/10/31(土) 21:49:08 |
  2. URL |
  3. 脱臼 #-
  4. [ 編集 ]

脱臼さん、こんばんは。
自分で言うのもおかしいですが、今まで本当に良く働きました。
そろそろ楽な環境に入っても良いと考えています。
これからは好きな事を楽しみたいと思います。
いずれにしても偶にはお会いしましょう。
  1. 2020/10/31(土) 23:38:54 |
  2. URL |
  3. エンツォR #IdJU9/XI
  4. [ 編集 ]

かっこいいモデルカー

エンツォRさん、こんばんは!

徐々にみなさんもいろんな活動再開してますね~。
花がきれいな場所にいくとすごい人でです!
そういう日常も取りもどせていい感じですね。

ライフワークのモデルカーは後20台もあるんですね!
1台のこだわり感がすごいのでまだまだ楽しめそう~
お孫ちゃんが「ブッブー」って遊んでも許してあげてくださいね(笑)

昔、親戚のおじさん家で戦闘機のプラモデルで遊んだことを思い出しました。おじさんはドキドキだったと思います。



  1. 2020/11/03(火) 22:42:30 |
  2. URL |
  3. ワンチャン #-
  4. [ 編集 ]

ワンチャンさん、こんばんは。

あけぼの山の花畑もコスモスから再開でしました。
祖光院の曼珠沙華も良かったですが、あけぼの山も綺麗で癒されました。

モデルカーのキットは正確には手を付け始めた5台を含めて22台あります。
自分の持っている全知全能を使わないと作ることが出来ないので、非常に奥が深く面白いです。
但し、モデラーの皆さんは60歳くらいになるとこの趣味からリタイヤします。
やはり視力が低下すると、作ることが出来なくなる様です。
私の場合年齢もありますが、一昨年の網膜剥離から右目視力がガタ落ちなので苦労しています。
手も動かなくなってきましたし、お迎えが来るまでに何台作ることが出来るやらです。
それでも退職したら週に30時間位は振り向けられるので、そうなったら半年に1台を目標に製作するつもりです。
今の作品が出来上がったら見てくださいね。
  1. 2020/11/03(火) 23:28:44 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adversewind.blog.fc2.com/tb.php/424-cc8dd1ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (129)
ツーリング&ポタリング (197)
柏(千葉) (150)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (84)
1/43モデルカー (0)
加工機・ (0)
キット製作 (0)
既製品デテールアップ (0)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR