Pleasure of a life

登山電車でユングフラウヨッホ

登山電車でユングフラウヨッホ


2013年12月23日

前の記事でお伝えしました様に、昨年6月に先端加工技術の国際学会であるHPC(High Performance cutting)2012-Zurichへ技術発表のため出張しました。
同行者は長岡技大教員の田中助教と学生のO君です。

その際に、一生に一度は行きたいと思っていたヨーロッパアルプス・ベルナーオーバーランド3山が望めるユングフラウヨッホ駅へ行く機会に恵まれました。
ユングフラウ鉄道という登山電車で行ける地球上で最も高いところにある駅で、海抜は何と3,454Mです。
駅からスフィンクス展望台(海抜3,571M)へ登り、アイガー、メンヒ、ユングフラウのヨーロッパアルプスの4,000M級ベルナーオーバーランド3山を眺めることは20年来の夢の1つでした。

今回のスイス出張では、6/8金曜日1日だけ完全にフリーです。
この機会を逃してはならぬと、3人でチューリッヒから日帰りツアーを企て遂に行ってきました。
しかし、普段の行いが悪かったのかチューリッヒを出発する朝から大雨で、ユングフラウヨッホは6月なのに氷点下で吹雪でした。
まだ、すずらんさんともお知り合いになっていませんしね。うふ

天候の具合で3山すべては見ることができませんでしたが、冠雪したメンヒを望むことができ万感の思いを味わいました。
それこそ生きていて良かったと思う瞬間でした。
生きてさえいれば、極々たまに夢が叶うこともあるものだと実感しました。


■ 朝から大雨
01 DSCF1096
せっかくのアルプス行にも関わらずチューリッヒは夜明け前から大雨が降っていました。
電車代が¥27,000-ほど掛かるし(登山電車3本乗り継ぎの区間が非常に高額です)雨なので予定を変えようかとも提案しましたが、スイス全土が雨模様なのでどこへ行っても降られるならてっぺんを目指そうと合意し、とにかく出発しました。


■ チューリッヒ駅
02 DSCF1102
チューリッヒ駅へ到着しました。

03 DSCF1103

04 DSCF1104
出発時刻を確認すると、7:02発ベルン行の特急があります。
ユングフラウへ向かうにはベルンまで行き、そこで乗り換え特急でインターラーケンまで向かいます。

05 DSCF1099
そこから、登山電車3本を乗り継いで目的地へ辿り着きます。

■ ベルン行特急
06 DSCF1105
2階建ての特急列車に乗り込みます。


■ ベルン到着
07 DSCF1112
ベルンの街に入ります。
しっとりと落ち着いた良さそうな街です。

10 DSCF1129
ここまで乗ってきた列車の室内です。

08 DSCF1120
ベルン駅でインターラーケン行特急へ乗り換えました。


■ インターラーケン
09 DSCF1128
そろそろインターラーケンへ到着します。

11 DSCF1130
特急列車を降りウエスト駅から登山電車のオスト駅まで歩きます。
O君も嬉しいのか、はしゃいでいます。

12 DSCF1134
相変わらず雨が降っていますが、チューリッヒを出発した際と比較すると大分小降りになりました。

13 DSCF1135
ベルナーオーバーランド山域を走る登山電車の案内板前です。

14 DSCF1139

15 DSCF1151
登山電車の切符を購入しますが、ここまでの特急電車と比較するとチューリッヒ、インターラーケン間が約150kmの距離で往復130CHF(スイスフラン)、インターラーケン、ユングフラウヨッホ間が20km程度で往復110CHFなので約6倍の値段です。
観光列車なので高額なのは仕方がないですが、もう少し廉価だと良いですね。


■ インターラーケン・オスト駅
16 DSCF1143
登山電車の起点駅です。

17 DSCF1147
この電車で次の乗換駅ラウターブルーネンまで行きます。

18 DSCF1153
雨は止んでいますが、雲が低く垂れこめています。

19 DSCF1157
風景がアルプスらしくなってきました。


■ ラウターブルーネン駅
20 DSCF1158
ここでこの電車に乗り換えます。

21 DSCF1162
味わい深い車両の電車も走っています。

22 DSCF1163
座席は狭いです。

23 DSCF1165
天候は悪いですが、観光客が一杯です。

24 DSCF1167
穂高の屏風岩の様な風景です。

25 DSCF1169
ここにも雲が垂れ込めています。

26 DSCF1171

27 DSCF1170
途中駅ですが、ホームも観光客が沢山です。
日本人、アジア人もとても多いです。

28 DSCF1174
この電車もアプト式です。
レールの真ん中にラックが見えます。


■ クライネシャイデック駅
29 DSCF1184
最後の乗換駅、クライネシャイデックに到着しました。
ここから、岩のトンネルが殆どのユングフラウ鉄道へ乗りまえます。

30 DSCF1193
ユングフラウヨッホ行きです。
この登山電車で最終目的地のユングフラウヨッホまで登ります。
ここの海抜が約2,060M、ユングフラウヨッホ駅の海抜は3,454Mなので、短い距離で一気に1,400M程の標高を稼ぎます。
又、クライネシャイデックを出発するとすぐに岩盤の中のトンネルに入り、ユングフラウヨッホまではずっとトンネルの中を走るそうです。
全工程の約9割がトンネル内とのことで、まるで地下鉄ですね。

31 DSCF1197
標高が高くなったので、向こう側の小山にも雪が見えます。

32 DSCF1198
相変わらず雨が降り続いています。

33 DSCF1203
いよいよ出発しました。
カーブがきつく6両編成なので、後ろの車両が良く見えます。

■ ハイジ登場
34 DSCF1205
列車内のモニター画面ではハイジが日本語でユングフラウ鉄道の解説をしてくれます。
どれだけ日本人観光客が多いかという証ですね。

35 DSCF1206
雲間に冠雪した山肌が望めます。


■ トンネル内の駅
36 DSCF1218

39 DSCF1217
途中2か所のトンネル内の駅に停車します。

38 DSCF1214
それぞれ展望用の窓がセットされており、山容や氷河を眺めることができます。

37 DSCF1207
若干の説明展示があったり、無料トイレや自販機も完備しています。

40 DSCF1225
電車の前で記念撮影です。


■ ユングフラウヨッホ駅
41 DSCF1229
終点のユングフラウヨッホ駅に到着です。
標識の文字がこのホームの海抜が3,454Mありことを示しています。
穂高の3,100Mが体験上の最高海抜だった私の記録もあっさり更新です。
しかし、自身の足で一歩づつ登ってきたわけではないので、気圧変化への対応が間に合わない様で、軽い頭痛と地に足が付いていない様な気がしました。

42 R0010993
展望台の手前の階には、周囲が全て氷の回廊があります。

43 DSCF1248
外の展望台へ出る前にランチタイムです。
何件かのレストランがありますが、我々が入ったのは何故か中華を中心としたレストランでした。
私は春巻き付の焼きそばを食べましたが、不味くはなかったです。
田中助教は軽い高山病で頭痛が続いているようです。

■ スフィンクス展望台
45 DSCF1140
これは展示されていたパネル写真ですが、写真のように山の稜線上にスフィンクス展望台があります。
駅からはエレベータと階段でかなり上ります。

44 DSCF1306
展望台の海抜は3,571Mになります。
5階建てのこの大規模な鉄骨構造の建造物をいったいどのように建設したのでしょうか。
大変な工事であったことが偲ばれます。
富士山山頂に近い標高です。
ここまで登山電車で来ることができることが、さすが観光立国スイスたる所以ですね。

46 DSCF1297
展望台へ出ると風が強く雪は少ないながら吹雪いていました。

47 DSCF1255
とにかく寒いです。
間違いなく気温は氷点下でしょう。
もう6月というのにビックリです。

48 DSCF1271
ユングフラウとアイガーは雲に隠れていましたが、幸いメンヒ(標高4,107M)を眺めることができました。

50 DSCF1258
メンヒ山頂です。
これを拝めただけでもここまで来た甲斐がありました。

51 DSCF1298
展望台上のワイヤーに鳥が1羽止まっています。
この標高なので、雷鳥などの鳥だと思いますが黒い羽根です。
チーム東葛野鳥撮影チームの方なら何の鳥か解るでしょうか?


■ 再びユングフラウヨッホ駅へ
52 DSCF1317
駅へ戻る建物から降りた通路に、この登山鉄道の工事(岩盤にトンネルを穿つことが最大の仕事)の様子を写真展示してありました。
100年以上前に、この山の岩盤に人海戦術でトンネルを掘ると困難さが偲ばれました。

53 DSCF1319
ホーム手前に何故か昔懐かしい日本のポストが設置してありました。
どうやら郵便ポストとして、これを使っているようでした。

54 DSCF1320
ここからクライネシャイデック駅まで、この電車で下ります。


■ クライネシャイデック駅
55 DSCF1331
復路もこの駅で乗換します。

56 DSCF1328

57 DSCF1326
朝は周囲が見通せましたが、午後になった今は駅全体が霧に包まれてしまいました。
廻りの風景は何も見えません。

■ アルプスの風景
58 DSCF1341
ハイジとペーターが登場しそうな風景です。

59 DSCF1339
牛は乳製品に最適と言われるジャージー牛のようです。


■ グリンデルワルト駅
60 DSCF1353
乗ってきた電車です。

61 DSCF1351
この駅も登山電車の駅らしく廻りと仕切られていません。
綺麗な街の風景がすぐ目の前に広がります。

帰りは往路通過したラウターブルーネン廻りではなく、グリンデルワルト経由でインターラーケンへ戻ります。
電車の待ち時間があったので、グリンデルワルトの街を少し散策しました。

62 DSCF1349
背景にアルプスを控えたいかにも登山基地らしい街並みです。
天気が悪いことが恨めしいですね。

63 DSCF1358
こんな日本人対応の観光案内所もありました。

64 DSCF1359
そろそろ電車の発車時刻が近づいたので駅へ戻りました。

65 DSCF1360
今度はこの電車でインターラーケンまで向かいます。


■ 再びベルン
66 DSCF1365
インターラーケンでベルン行きの特急列車に乗換えて、再びベルンへ到着です。

67 DSCF1363
チューリッヒ行きの特急に乗り換えます。

■ チューリッヒ到着
68 DSCF1374
もうすぐチューリッヒ駅へ到着します。

69 DSCF1404
到着しました。
相変わらずカラフルな列車が出発を待っています。

70 DSCF1396
チューリッヒ駅正面玄関です。
明日は、帰国日ですがトラムで空港まで行くので、チューリッヒ駅は見納めかも知れません。


仕事の合間の1日でしたが、永年思い続けていたユングフラウヨッホに行け感激しました。
天候に恵まれなかったことは残念でしたが、メンヒが眺められたことが幸いでした。
又、登山電車を満喫できましたし、登山基地の街やアルプスの風景も堪能しました。
プライベートで来ることができたなら、山の方で2泊ほどしてトレッキングできたならすばらしいですね。
是非もう一度訪問したいものです。

1年半前の古ネタでしたが良い機会でしたので、3回連続シリーズで昨年6月のスイス出張顛末記をご紹介させていただきました。
スポンサーサイト
  1. 2013/12/23(月) 22:12:10|
  2. 日々のくらし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<OLDで通院、朝クー & EXSで小名浜ランチ | ホーム | 出張でチューリッヒ>>

コメント

どうもです
6月でも寒そうな写真満載ですね。
最近の話と思っちゃいました(笑)

僕も2011年以来ヨーロッパに行ってないので、また、行って見たいですね。 医学系の学会だと、ヨーロッパだと市内のバス、路面電車、地下鉄と言った路面電車が全てタダで乗れました。真昼間からビールを飲めますしね(笑)
  1. 2013/12/23(月) 23:03:18 |
  2. URL |
  3. NOB #-
  4. [ 編集 ]

NOBさん、こんばんは。

そうなんです、よこれは去年の6月の話です。
古ネタでごめんなさい。

私もヨーロッパなら毎月でも行きたいですね。
国際学会への出張は初めてでしたが、市内の交通機関のフリーパスを有効利用しました。
チューリッヒは交通費も高いので助かりました。

  1. 2013/12/23(月) 23:38:35 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

郵便ポスト

行った気分になりました^^
ハイジ日本語解説と郵便ポストに吃驚!
ここから国際年賀状を投函する日本客がいるのかしら?(^^;)
真冬でも天候が荒れなければ、今回同様の行程は可能なんでしょうかね?
  1. 2013/12/24(火) 11:19:29 |
  2. URL |
  3. たすけ #bV8DUnag
  4. [ 編集 ]

エンツォさん、良い、冥土の土産でしたね。
実に羨ましいです。

僕も、もう数年結婚が遅かったのなら、マッターホルンへ登ったかも知れない。

ガストンレビュッファのアルプスの山岳写真を舐めるように見たいたものです。

ま、自力で登らないにしても、このメンヒの多分北壁、中々凛々しくていいですね。
壁は無理にしても、岩稜から登頂もできそうですね。

僕自身はアイガーはあまり好きじゃないです。
どちらかと言えばシャモニーの山々が好きです。
でも、行けるんなら何処でもいいです。

山麓のアルペン的風景。
こうしたハウスブルックの領土のアルプスは洋画家が好んで絵にしたい風景でもありますね。

これ、日帰りはあまりにも勿体ない。
トレッキング・・・・・したいものですよ。

良かったですね。 さぞ楽しかった事でしょう。
わたしゃ無念であります(^^;

  1. 2013/12/24(火) 20:43:53 |
  2. URL |
  3. B #-
  4. [ 編集 ]

たすけさん、こんばんは!

行った気分になって頂けて恭悦です。
ハイジにはちょっと驚きました。
ポストはちょっと場違いな感じでしたね。

クライネシャイデックが猛吹雪でもない限り、真冬でえも行くことは可能と思いますよ。
そこから先はずっとトンネルの中ですから。
但し、オープンスペースの展望台へは出られない場合もあるかもしれません。
なにせ6月でも荒れれば氷点下なので、真冬なら軽く-20℃なんてこともあるでしょうね。
  1. 2013/12/24(火) 21:54:20 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

Bさん、仰る通り良い冥途の土産になりました。
でもユングフラウヨッホはお伝えしたとおり、冥途in
Japanだらけでした。
それに6月の平日なのに若い日本人が一杯でした。
私など出張でもない限りヨーロッパにはなかなか行けませんが、若い人たちは意外とリッチなもんだと思いました。

そう天候さえよければ3山ともに登山道で登れるそうです。
標高が高い分、穂高よりは大変だと思いますが。
又、氷河のトレッキングもなかなか良いそうです。
日程に余裕がなく歩けなかったことは残念でした。

シャモニーも良いですね。
シャモニーを登られるはずだったとは初耳でした。
和多屋ではシシャモでも食いながらシャモニーの話でもいたしましょう。
  1. 2013/12/24(火) 22:09:08 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

羨ましい

いや~、羨ましいいです。お仕事で海外に行けるとしたら私の場合は中国とタイしかありません。ヨーロッパ一度行ってみたいものです。同級生がチューリッヒに常駐しているのですが、いつでも遊びにおいでと言われても、折角行くのなら一週間は行きたいし、そんなに休みは取れないし........。本格的に仕事をやめないと行くのは難しいなと思いながら写真を眺めておりました。
  1. 2013/12/25(水) 03:41:47 |
  2. URL |
  3. kincyan #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

Kincyanさん、私も現職では海外出張があれば台湾か中国が殆どです。
ご友人が滞在中に一度行かれたらとお勧めします。
ホテル代などとても高いので、お知り合いのお宅へ泊めて頂けばいいですしね。
とにかく目に入るものが、日本と違いますので。
  1. 2013/12/25(水) 06:13:38 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

思い出しました

素敵な写真満載で、スイスへ行った気分になれますね!
自分も昨年遊びに行きましたが、とにかく物価が高くて食事はミグロスで購入、部屋で食べたことを思い出しました。

でも。

それを差し引いてもきれいな風景を眺めるのは楽しいですね。
山登りなんてほとんどしたことがないのに、俄か登山客になって楽しみましたね~♪

機会があれば何度でも行きたいですが、10時間以上飛行機に乗るのは苦痛です・・・
  1. 2013/12/25(水) 19:42:52 |
  2. URL |
  3. 103 #-
  4. [ 編集 ]

103さん、こんばんは。

昨年スイスへ行かれたんですか?
確かに観光で行くには、我々庶民にとってはちょっとハードルが高い国ですね。
とにかく物価は日本の2倍ですからね。
でも山好きな私には、それを上回る魅力を感じたことも確かです。
もう一度行きたい国の一つですね。

それから、初日の出ポタの際にはよろしくお願いします。

  1. 2013/12/25(水) 22:31:41 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

うーん、ほとんど世界の車窓からという感じですね。
お仕事とはいえ、すごーく羨ましいです。
20年前くらいに、業界の視察旅行でイタリアに行った際に、
お遊びでスイス国境まで歩いて行き、パスポートにスタンプだけ押してもらいましたww

  1. 2013/12/26(木) 11:41:40 |
  2. URL |
  3. Gibson #-
  4. [ 編集 ]

Gibsonさん、世界の車掌からは長岡でも見ることができます。
確かにそう言われれば雰囲気似てますね。
あの番組は、東京時代の会社の写真部にいた志津ちゃんという女の子の旦那が作っていました。
仕事での出張のため多忙でしたがクライアントを訪問するのと違い、学会というのはそれなりにリラックスできました。
天候が不順だったことだけが残念でした。
いつかプライベートで行きたいものです。
  1. 2013/12/26(木) 21:15:53 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

ハイジになりたい~

エンツォさん こんばんは~ いや~羨ましい 私若い頃に一番行きたい国がスイスだったんです 理由はハイジみたいにペーターや山羊のゆきちゃんと走りまわりたかったから

展望窓から氷河が見えるなんて羨ましくてゾクゾクします
ハイジの長いブランコはなかったですか?(笑)

今一番行きたい所は? と聞かれたら…千葉の暴走 いや房総と行っておきましょう

早く暖かい春にならないかな~

  1. 2013/12/26(木) 22:05:07 |
  2. URL |
  3. すずらん #-
  4. [ 編集 ]

すずらんさん、いらっしゃい。

私も出張でまさかスイスへ行けるとは思ってもいませんでした。

来年3月まで、田中助教が2ベッドルームのアパートに1人住まいしているので、再度行きたかったのですがちょっと時間が取れそうになく断念です。

でも行きたいところ3つの1つ目クリアーです。
あと2つは、ウイーンフィルのニューイヤーコンサートを生で聴くことと、モナコGPを生観戦することです。
この2つを済ませれば、冥途の土産が全部そろいます。

房総ならいつでもお越しください。
皆で歓待させていただきます。
  1. 2013/12/26(木) 22:41:27 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

 こんばんは。私は富士通のソフトでユングフラウヨッホに行きました。脳は変なもので数十年経つと、ソフトを繰り返しやったせいか、モンブランへ行った記憶とゲームでユングに行った記憶が繋がってしまう時があります。残念ながら、脳の劣化が進んでいます。
 来年も良い年になりますように!
  1. 2013/12/27(金) 21:27:26 |
  2. URL |
  3. 脱臼 #-
  4. [ 編集 ]

脱臼さん、お久しぶり。
昨夜長岡から戻りました。

あら、今はゲームで世界の名峰に登れますか?
脳の劣化なら脱臼さんに負けませが、私もやってみようかな。

今年はお会いできなかったけれど、来年はお会いしましょう。
とにかく、良いお年をお迎え下さい。

  1. 2013/12/28(土) 05:50:29 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

おはようございます。劣化した脳に30年ぐらい前にヨーロッパへ行った記憶がありました。団体旅行に一人で参加しましたが、その時に湖北台駅近くにある床屋さん親娘がいました。大変楽しかったのを思い出しました。
  1. 2013/12/28(土) 08:02:11 |
  2. URL |
  3. 脱臼 #-
  4. [ 編集 ]

脱臼さん30年も前に旅行でヨーロッパへ行かれましたか?
知りませんでしたが、リッチですね。
私の場合、ヨーロッパは出張以外では行ったことがありません。
当時は金があっても暇がない状態でした。
今は逆ですが、行きたいという思いだけは継続しています。
  1. 2013/12/29(日) 00:27:34 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adversewind.blog.fc2.com/tb.php/83-ddc171b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (102)
ツーリング&ポタリング (150)
柏(千葉) (103)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (47)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR