Pleasure of a life

輪行大作戦:6号車:BSグランテック700C

輪行大作戦:6号車:BSグランテック700C (錆びと汚れのオマケ付き)



2014年2月17日


このところ輪行の機会が増えてきました。
昨年10月が初輪行でしたが、正月休暇までで忽ち5回目を数えました。
丁度昨日、自転車仲間のGibsonさんがブログで、JR各社の輪行に対する規制が強化されたことをレポートされました。
と言っても既に昨年の4月からとのことですから、私が輪行を始める以前からの話になります。
それによると、部品が輪行袋からはみ出ている(これたまにやっちゃいます)、上からカバーを掛けただけ、縦横奥行き寸法合計が250cmを超えるものなどは輪行不可能となる様です。
JR東日本は、この規規制が徹底されていないのかも知れませんが、Gibsonさんのブログにあるとおりタイオガ・コクーンはサイズの点でも、サドルが外へ飛び出していることもダブルでNGだそうです。
実際それを利用している仲間も多いですが、今後対策が必要ですね。


私の場合、現在輪行実績のある自転車は次の2台です。

●2号車ウノ号(Calamita UNO 700Cクロモリロード)
P1070295.jpg

P1090002.jpg
フレームに何も装着しなければ問題ないようですが、私の場合UNO号はサイズが550でサドルバッグを付けるとオーストリッチの縦型輪行袋(ロード320)であると少々サイズが不足します。
きちんと袋に入れたつもりでも、ハンドル部(ミラーが装着してあるので尚更)が輪行袋からはみ出すことが多いです。
これもNGなので注意が必要です。


そうすると私の場合、完全なパッキングが出来る自転車はオールド号のみとなります。
コンパクトに折りたたむことが出来る点は良いのですが、装備状態で質量が16kg超えます。
非常に重たい上に、同行メンバーのロードバイクと混走する程のスピードもエンジン性能を含めてありません。
これは2回の房総へのポタで思い知らされ、このバイクでの輪行は封印しようと思っているくらいです。
復路車内で小宴会などした後の、駅での乗換はジジイにとって正に苦行です。
●4号車オールド号(OLD DAHON 16’フォールディングバイク)
P1050640.jpg

P1070085.jpg

P1070087.jpg


物理的には輪行可能ですが、マスター号では輪行するつもりはありません。
●5号車マスター号(Colnago Master-X Light)
P1030387.jpg


本来であればツーリングバイク(スポルティフ)であるエクセラ号で輪行したいところですが、
その場合、泥よけの分割化は必須です。
しかし、その改造はまだ実施していません。
又、ヘッド抜き輪行なら更にコンパクトにもなりますが、まだそこまでするふん切りはついていません。
●3号車エクセラ号(ARAYA Excella Sportif)
P1020938.jpg


オールマイティ(そこそこ速度もでるし、荷物も積める)な小径車であるミニベロ号での輪行も望ましいのですが、これも泥よけを分割化しない限りサイズ的に無理があります。
●1号車ミニベロ号(Raleigh Small Spot)
P1060111.jpg



柏と長岡の2重生活の中で、双方に輪行用自転車があることが理想なのですが、経済的な事情もあり簡単にはいきません。
又、小径フォールディングバイクでも、軽量で高速巡航可能なモデルもいくつか存在します。
しかしながら、それらは一様に高価であり殆どの場合フレーム材質はアルミ系素材です。
フレーム材質については鉄系金属(チタン、ステンレス、クロモリ、単なる鉄材)に拘りがあるため、アルミフレームは60系、70系のジュラルミンを含めて私としてアルミ系はNGです。
鉄バイクであるブロンプトンを高速化対応改造する手もありますが、予算の関係もあり今は入手困難です。

そこで、前々から考えていた手段を実現することにしました。
それはブリヂストン(BS)のフォールディングバイク(グランテックの700C)の中古を入手し、レストアして輪行楽々バイクとすることです。
このバイクはフレーム中央部にヒンジがあり、水平に真っ二つに折り畳むことが出来ます。
勿論タイヤはフレームにセットしたままで、泥よけばかりかサドルバッグなどを装着したままでも一定以下のサイズとなり、ロード用の縦型輪行袋へ問題なく収納出来るようです。
シリーズには24インチもありましたが、走行性能を考えれば選択肢は700Cモデルしかありません。

現在もブリヂストンではHE26’サイズのモデルを継続販売している様ですが、700Cについては10年以上前に生産中止となっています。
従って、中古を入手するしか手段がありません。
又、製造年代から新品同様で良好な状態の車体を手に入れることも相当難しそうです。
グランテック好きな諸先輩と同様に、ネットオークションなどで鉄くずのような錆びだらけの車体を入手し、レストアするしかなさそうです。

幸いOLD DAHON同様に、この自転車の場合も偏愛的マニアが多く、ネット上の情報入手にはこと欠きません。

その様な思いの中、オークションで落札した現物が1/28に長岡へ到着しました。
これは700Cの後期モデル(改良ではなくコストダウンが目的のようです)で、恐らく92’~99’頃のモデルではと思われます。
いずれにしても製造後15年以上、もしかしたら20年以上経過しているのかもしれません。

予想通り到着した現物は、各部の初期錆び発生と汚れでさわるのも嫌になるほどでした。
又、リヤ6段変速の仕様ですが、一番軽いギヤから他のギヤへのシフトチェンジも出来ません。
幸い先月末は積雪も少なかったので、雑巾掛けをしてから外に持ち出して試走してみました。


■ BSグランテック700C
P1090789.jpg
まずは全景です。


■ シートポスト
P1090792.jpg
シートポスト基部にはクイックリリースが装備され、ワンタッチで最短位置へ縮めることやサドルごとシートポストを取り外すことが出来ます。


■ ステム固定レバー
P1090793.jpg
ステムの頂上にご覧のような折り畳み式レバーが装着されており、工具レスでステムを緩めて90°角度を廻したり、ステムごと抜き取ったり出来ます。

P1090796.jpg
こんな具合にステムを廻すことができます。


■ フレーム固定金具
P1090791.jpg
ミキストの様にスラントしたトップチューブとシートチューブをこの金具で固定します。

P1090794.jpg
こうして、シートチューブ側へ跳ね上げて

P1090795.jpg
シートチューブへ沿わせます

P1090798.jpg
すると、フロントとリヤフレームの折り畳み用回転軸のカービックの様なカップリングの勘合ギザギザ部分がリリースされフレームを折りたたむことが出来ます。


■ 折りたたんだ状態
P1090797.jpg
折りたたむとこんな具合になります。
折りたたんだ際の固定手段が無いため、前後のホイールをバンドで束ねるなど必要です。


カタログ質量が12.5kgですが、元折り畳み式のベダル(今は固着して折りたためません)、ホイールなど重厚(重たい)な使用部品も多いので、部品交換で1~1.5kg程度は軽量化出来るのではと予測しています。


■ 試走結果
シフトチェンジが出来ないので、ほんのチョイ乗りしかしませんでしたが、フレームの剛性感も高くかなりしっかりした印象です。
綺麗に仕上げれば、それなりに魅力的な自転車になりそうです。


■ 今後のレストア予定
①部品全バラシ
②部品錆取りと磨き
③メッキパーツ必要に応じて再メッキ
④いくつかの部品製作(FD取付部品製作、Wレバー台座製作を含む)
⑤内装スプリング、ボルト類、消耗品など新品へ交換
⑥フレーム塗装
⑦フレーム再組立
⑧ブレーキアーチ交換
⑨ハンドルをブルホーンバーへ併せてブレキレバーをギドネットへ交換
⑩リヤ10速化(RD交換)
⑪フロント2段化(BB、クランクset交換とFD装着)
⑫Wレバー装着
⑬ホイールとタイヤ交換
⑭シートポストとサドル交換
⑮ペダル交換
⑯保安部品など取付(リアリフレクタ/ヘッドライト/サイコンなど)
⑰泥よけ取付(本所のピカピカなヤツ)
⑱サドルバッグ取付
⑲スタンド取付

上記の様な内容を実施しなくてはいけませんが、結構手間暇がかかりそうです。
今は昨年から継続している開発案件の残2件(同時進行の4件は終了)の業務で結構忙しく時間がなかなかとれません。
柏へ帰宅する月に1度の週末以外は殆ど毎週休出が続いていますし、平日帰宅時刻も遅いままです。
時間がとれないのでいつから始められるか解りませんが、年内完成を目処にぼちぼちとレストアしてみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2014/02/17(月) 22:05:09|
  2. 自転車いじり&工作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<あさひ山(朝日酒造)イベント、昼間から久保田の朝日酒造で酒三昧 | ホーム | 雪状況偵察ポタ>>

コメント

バック

この件は、私にもショックでした。私の場合、そんなに迷惑をかけている印象はなかったんですが、規則は規則ですね。長年愛したモンベル前輪外し輪行を諦めて、たて型のロード220を発注しました。ジャイアントTCRやZULLOは規定内に収まると思います。心配はフレームの傷とディレイラーの損傷可能性。フレームと車輪の干渉は保護材を巻くことで解消できますが、ディレーラーは地面に近いところに置くので心配。後輪をはめていると、この部分は比較的安全なんです。飛行機に載せるときだけ前輪外しタイプにしようかな^^;。

いずれにしろ、輪行人口が増えるとマナーの悪い方も増え、こういう事態になってしまうのでしょうね。そのまま載せられるサイクリング列車は、いまの日本では難しいですが、小湊鐡道とか上毛電鉄のように過疎地帯においてはもっと企画をしてもよさそうです。また、都心近くでも、通勤時間帯を外せば、基準を緩めるとか、なにか考えようがありそうですが、まだまだスポーツ用自転車(小径車も含め)の市民権が得られていないのでJRや電鉄会社の検討には値しないのでしょう。今後の進展を期待したいです。
  1. 2014/02/18(火) 05:00:32 |
  2. URL |
  3. kincyan #sSHoJftA
  4. [ 編集 ]

そうですね、日本の場合何かをする人が増えるとあならずルールを守らない人も増えます。
周囲から見ると、その人達の言動がそのジャンルの代表の様なイメージを持って批判もされたりします。
残念なことですが、これは自動車や自転車の運転、電車の利用や公共施設利用などでも同様です。
我々だけはルール、マナーを守りたいものです。

kincyanも前輪外し輪行でしたか?
確かに簡単ですからね。
縦型でRD保護のためには、エンド金具は必須です。
それと、縦型輪行袋はもう一回り(高さで5cmくらい)大きいといいんですけれど。

そんなこともあり、今回の作戦開始となりました。
  1. 2014/02/18(火) 06:14:33 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

えんつさん、そう言えばいみじくもこないだの日曜日一人館山を走っている時にジャズさんが、Bさんはランドナーがいいのでは?と、fbでコメントをくれました。
確かにいいのですが、泥除けを取らなくては輪行できず、自転車のみで行く長旅ならばそれは良いのでしょうが昨今の生活事情からするとランドナーはランドナーに非ず。 そう思えます。
そうした時、やはりトルクがあり、軽量なミニベロこそ、現在の現実的な意味でのランドナーでは無かろうかと、自分的には思いつつ南房を走ってました。 やはり、脚力のない自分にはギアで軽くするよりもタイヤ径の大きさがそれを実施するに一番簡単明瞭な方法かと思えます。
いろいろとやる事があって楽しいですね。
  1. 2014/02/18(火) 07:21:09 |
  2. URL |
  3. B #-
  4. [ 編集 ]

僕もBさんの意見に賛成です。
やはり自転車旅には泥よけ、夜間走行用のライトヤ積載量のあるランドナーやスポルティーフが最適です。
但し、仰るとおり泥よけを外さないと輪行出来ないのがネックです。

こんなことを書くとベテランのランドナー乗りの方々に笑われそうですが、面倒なものは面倒です。
但し、泥よけがあると本当に助かることが多いのも事実です。

ミニベロランドナー良いですね。
僕のミニベロ号(ラレー)もそれを目指しました。
Bさんもタイレルに分割泥よけ付けちゃえば?
でも似合わないかな。

そんなこんなで今回の作戦開始なんですが、このところ公私共に少々忙しく、なかなか手が付けられないのがはがゆいところです。
  1. 2014/02/18(火) 07:46:35 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

これはまた面白いモノを・・・
両輪外さずにたためるのは自転車の保安上は安心ですね。

リア10速化はエンド幅をどう工夫されるのでしょうか?
もしかして拡げてしまうとか。

とにかく楽しいオモチャ、完成が楽しみです。
  1. 2014/02/18(火) 12:32:23 |
  2. URL |
  3. テガ #-
  4. [ 編集 ]

テガさん、これなかなか面白いでしょう。
そうそう、ホイールを外さなくても輪行出来るのがメリットです。

リアは豆ジャッキなど使うかもしれませんが、基本的には力任せで広げます。
126から130mmへの拡幅なので何とかなるでしょう。

ブログではかなり魅力的にカスタムしたモノも散見されます。
今は時間がないことがネックです。
いつでき上がることでしょうか?
自分でも解りません。
  1. 2014/02/18(火) 12:57:59 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

エンツオさん こんばんは~ 
雪は大丈夫ですか? すごい雪にうんざりでしょうね。 なかなかお忙しそうですが、頼られる存在と言うのは羨ましくもあります。
私なんて会社では、ただのおもろいおばちゃんです(^o^;)

輪行マナ~も大変ですが、ギブさんやエンツオさんはじめみなさんのように、真摯に受け止めマナ~を守る方が増えればいいですね。

私もなかなかお出かけが最近なくて?体がウズウズしてたんてすが、あさってにやっとお出かけします。 晴れ祈願の成果もあり、なんと低気圧が変わってきました。
また無事行けたらアップしますね。 
  1. 2014/02/18(火) 23:10:55 |
  2. URL |
  3. すずらん #-
  4. [ 編集 ]

大したことではありません

今回は、規定が変わったのではなく、その厳格化を発表しただけのこと。

特に心配はいらないと思います。

以前から、東北では、この点が厳しくて、何度も注意されて、その場で後輪を外したことがありました。

注意されたら、「はい、分かりました」と言って、後輪を外せばよいだけの話ですし、自転車カバーがダメだと言われたら下からもう一枚カバーをすれば袋状になるので、大丈夫ですね。

自転車乗りは、米国海兵隊と同様、常に「臨機応変」でありたいものです。
  1. 2014/02/19(水) 04:54:11 |
  2. URL |
  3. 断腸亭 #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

すずらんさん、おはようございます。

長岡は毎日の様に雪は落ちてきますが、例年と比べたら依然として積雪は少な目です。
但し、関越トンネルの南側(関東側)は、数十年に一度の大雪で大変なことになりました。
山梨県を中心に未だ交通遮断されている集落も多い様です。
通行止めや鉄道の不通も続いているようです。
昨日ようやく関越道が復旧しましたが、東京圏と新潟のトラック便が寸断され流通に支障をきたしました。
要するに通常雪が少ない地域では、除雪設備がないので対応できないんですね。
先々週の柏の雪掻きの時も、皆さん雪掻きグッズをお持ちでないので、新潟の雪掻きの3倍くらいの時間がかかりました。

すぐ定年退職を迎えるにしては、異常な忙しさでちょっとうんざりしています。
まあ勤務先企業の特質なのでどうすることもできませんが、もう少しゆったりと仕事をしたいものでした。

長岡エリアは再び自転車走行不可能になったので、今週末は天候次第ですが新潟市側へ車載輪行しようかと思っています。
天候がOKであることを願っています。
  1. 2014/02/19(水) 06:07:29 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

輪行ベテランの断腸亭さんにそう言われるとちょっと安心です。
しかし、この様な規則の場合、鉄道会社や鉄道職員によって扱いに差異が生じることが気がかりです。
要はほかの乗客に迷惑をかけなければ良いわけですが、杓子定規な(臨機応変でない)職員の対応で嫌な思いをする場合も多いです。
そんな思いは回避したいと考えています。
  1. 2014/02/19(水) 06:18:39 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

10年以上前に販売中止になったものにこだわって わざわざオークションで入札して 全てばらしてリメイクされるとは。技術者ですね。参りました。再メッキとかエンド幅を広げるとか。手間暇かかっても完成したときの喜びはものすごいのでしょうね。完成車を楽しみにしています。
  1. 2014/02/19(水) 08:40:42 |
  2. URL |
  3. IWA #-
  4. [ 編集 ]

IWAさんの仰る通りなんですが、最近は忙しいのと歳のせいか、ものづくりの気力が低下しており自分でも困っています。
一昨年のマスターXの部品製作以来、たいしたブツを拵えていません。
そろそろ何か作らなくてはという思いだけが先行しています。
でも、ここで皆さんへ公開してしまったので、何とかしなくちゃなりませんね。
本当はemo自転車工房へ外注したいくらいなんですが、時間を見つけてぼちぼちやってみます。
  1. 2014/02/19(水) 12:33:28 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

新しいおもちゃ

エンツオRさん、こんばんは!

欲しいな~という記事だと思ったら(笑)
もう、手に入れてしまってたんですねー。

サビサビと言われてましたが、最初の写真では既に綺麗じゃないですか!

会社の駐輪場にグランテックが駐めてあります。
そんなに古い自転車だとは分からないくらいに綺麗です。

全メッキしてキラキラのグランテック?
出来上がりが楽しみですね。

  1. 2014/02/19(水) 21:41:13 |
  2. URL |
  3. ワンチャン #-
  4. [ 編集 ]

ワンチャン、こんばんは。

冬で自転車に乗れないこともあり、性懲りもなく入手してしまいました。
まあ安いので良いかなと思いつつ、これから暇もたっぷり潰れそうです。

写真では解りにくいかもしれませんが、全体的に軽い錆が随所に浮いていて写真で見るほど綺麗ではありません。

今回はいつ仕上がるか解りませんが、出来上がったらお見せしますね。
さて、がんばらなくちゃ----
  1. 2014/02/19(水) 22:24:37 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

エンツォRさん、こんばんは。

改めて見ました。
これは相当大変な改造ですね。
FDをどのように取り付けるのか?BB辺りから棒を立てるのでしょうか?ワイヤーの取り回しは?

ある程度想像はできますが... こりゃ大変だ!
  1. 2014/02/22(土) 21:00:28 |
  2. URL |
  3. emo #-
  4. [ 編集 ]

emoさん、その通り。
ちょっと大変かもしれないです。
最後はemo自転車工房入りかな。
そのせつにはよろしくお願いします。
ペコリ
  1. 2014/02/22(土) 21:06:46 |
  2. URL |
  3. エンツォR #vz68Znc2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://adversewind.blog.fc2.com/tb.php/98-2902c245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

エンツォR

Author:エンツォR
■10年以上続いた長岡単身勤務をを終え、柏へ戻って新たな生活が始まりました。これからは文字通り生活を楽しみたいと思います。
■オーディオ、音楽鑑賞、カメラ、登山、車、模型、モータースポーツ観戦など多趣味でしたが、ここ数年は自転車が趣味の中心です。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

日々のくらし (99)
ツーリング&ポタリング (142)
柏(千葉) (95)
長岡(新潟) (43)
愛車の紹介 (6)
自転車いじり&工作 (7)
覚書 (45)

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR